フロスト&サリバン、調査レポートを発表: 「世界のビジネスにおけるデータ活用および管理の優先順位」

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「世界のビジネスにおけるデータ活用および管理の優先順位」について調査レポートを発表いたしました。

フロスト&サリバンの最近の分析によると、世界各地の企業、組織は、様々な場所に広がるユーザー、アプリケーション、データを支援するためのハイブリッドおよびマルチクラウド情報技術(IT)に投資する傾向にあります。事業が新型コロナの影響から回復するにつれ、効率性、生産性や顧客体験の向上といった、事業の最も重要な目標のデータへの依存が増しています。世界中のインターネットに接続されたIoT機器は、2026年には660億台を超え、2017年からのその年平均成長率は15%近くになると予測されます。

「強固なデータ管理プラットフォームは、ハイブリッドクラウドプロバイダーにとって、自身のハイブリッドクラウド管理プラットフォームにデータ管理機能を統合するために、買収の有力なターゲットになる傾向があります」、フロスト&サリバン ICT部門リサーチアナリストのカリン・プライスは言います。「様々なアプリケーション、サービス、データ、ユーザーのニーズに対応するために、事業は異なるインフラを利用しなければなりません。あるアプリケーションやサービスには、プライベート環境が提供する安定性とパフォーマンスが最適ですが、他のアプリケーションやユーザーにとっては、クラウドが提供する適応性が最も重要かもしれません」。

プライスは更に言います、「様々な事業で、大部分のデータは自身で直接管理できる施設に保管しています。例えば、オンプレミス型データセンターや、ホスト型のプライベートスペース、エッジまたは、ロケーションやブランチロケーションなどです。しかし、公共クラウドでのデータ保管も、拡張性、ポータビリティ、アクセス性などの重要な利点があり、利用が増加しています」。

デジタルトランスフォーメーションを進める企業において、テクノロジーへの投資は成長の機会をもたらします。フロスト&サリバンの、2020年の世界のクラウドユーザー対する調査において明らかになったキーポイントは以下の通りです:

・75%の回答者は、ビジネスプロセスおよび意思決定の改善するために、より多くのデータ活用が必要であると答えた。これはプロバイダーにとって、事業の拡大およびデータ戦略の実行を支援するため、より高度なデータのマネージドサービスを開発する機会である。
・ビジネスでは様々な分野でデータが活用される。ITオペレーション分析(44%)、従業員の生産性向上(43%)、コスト削減(41%)、顧客をより理解する(40%)、OT管理(39%)、ミスの削減(38%)などへの活用である。
・56%のビジネスで、毎年25%から74%のデータ量の増加が見られる。IoT技術を利用または導入している企業において、データ増加率は50%から100%の範囲である。
・65%の回答者は、複数のIT環境へのアプリケーションの展開に課題があると回答している。アプリケーションおよびそれにアクセスするユーザーのニーズに最も柔軟に対応できるサービスをプロバイダーは提供すべきである。

パンデミック後のデジタルトランスフォーメーションがもたらすデータ利用および管理における機会は、フロスト&サリバンICT部門の最新の調査分析であり、Frost & Sullivan Leadership Councilを通して閲覧可能です。Frost & Sullivan Leadership Councilは、企業がこの不透明な未来で成功するための、継続した成長機会の流れを特定するためご支援します。

原文:https://www.frost.com/news/press-releases/frost-sullivan-reveals-top-business-priorities-in-data-use-and-management-across-the-globe/

フロスト・アンド・サリバンについて

フロスト&サリバンは独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナー。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。

フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社

設立:2014年1月
沿革:2009年3月 日本支社「フロスト&サリバン インターナショナル」設立
2014年1月 日本法人「フロスト&サリバン ジャパン株式会社」設立
代表者:ロビン・ジョフィ(代表取締役)
所在地:〒107-6123 東京都港区赤坂5丁目2番20号 赤坂パークビル23階
URL: https://frost.co.jp/

本リリースに関するお問い合わせ

フロスト・アンド・サリバン株式会社PR事務局(SivanS株式会社内)
担当:Supriti・下村
Email: press@sivans.jp