マネースクエア 創業来最高のお預かり資産残高を更新しました

アイデアとテクノロジーでNIPPONの資産運用の未来を創る

株式会社マネースクエア(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤井 靖之、以下「当社」といいます。)は、この度、FX取引のお預かり資産残高が、創業来最高記録となる700億円を超えた2021年3月25日から約5か月後となる2021年8月17日時点で、その記録を更新し750億円を達成いたしましたので、お知らせいたします。

概要 ―「資産運用としてのFX」に込めた当社の想い-「トラリピ®」×UIUX

当社は2002年の創業以来、「資産運用としてのFX」を追求し、「トラップリピートイフダン®(略してトラリピ®)」など、当社特許取得のオーダー管理ツールの開発を続け、業界内でも独自のポジションを確保してまいりました。
過去幾多ものショック相場や、近年の新型コロナウィルスの拡大に伴う各国の急激な金利低下など、為替市場を取り巻く環境は常に変化しておりますが、どのような環境下においても当社は、創業来変わらず、FX取引で中長期で資産運用をしていただくために「トラリピ®」などの注文手法の開発や、投資家教育など、当社独自のテクノロジーや取引環境を提供し続けております。
特に2020年9月に導入した通貨ペア「豪ドル/NZドル」は、低金利・低ボラティリティ環境下でも安定的に運用ができる通貨ペアであり、また、トラリピ®との相性もよく、お客様からも多くの共感をいただけており、お預かり残高・ご注文量の大幅記録更新に大きく寄与しております。
当社は今後もお客様のお声に耳を傾け、皆様の共感していただけるようなサービスの開発に努め、豊かな未来社会を創造してまいります。

>【いま、豪ドル/NZドルがすごい。】
リリースから約10カ月、多くのお客様にご利用いただいている「豪ドル/NZドル」に関する様々な実績をご紹介

株式会社マネースクエアについて -創業18年の歴史-

2002年のグループ創業以来、「資産運用としてのFX」を追求し、業界に先駆けた分別管理信託や低レバレッジの推奨など、中長期的に外貨運用に取組むためのスキームを提供しています。
当社特許の注文管理ツール「トラリピ」の開発や、それを使いこなすための投資家教育の拡充、注文を安定して支える強固なシステム技術の保持など、常にお客様の視点に立ち、お客様が本質的に求めるものを提供し続けています。
創業から18年。今までもこれからも変わらず、お客様とともに歩みながら豊かな社会つくりに貢献していきます。

トラリピ®とは

当社特許取得のオリジナル注文手法です。

公式アカウント(Twitter・YouTube・LINE)/サイト

会社概要

会社名:株式会社マネースクエア(マネースクエアHD 100%子会社)
所在地:東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー40階
代表取締役社長:藤井 靖之
設立:2002年10月
事業内容:FX/CFD取引

【お客様からのお問い合わせ先】
カスタマーデスク
0120-455-512(FX) (9:00~17:00 土日祝除く)
0120-455-305(CFD)(9:00~17:00 土日祝除く)

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
株式会社マネースクエア 経営企画部 竹島・大里  
TEL:03-3470-5082 
e-mail:press@m2j.co.jp