法学部生が生駒市役所を訪問 公務員志望の学生が、市役所での業務を学ぶ研修

近畿大学法学部(大阪府東大阪市)は、公務員を志望する学生を対象に、平成29年(2017年)10月4日(水)生駒市役所にて、地方公務員の職務についての理解を深めるための研修を行います。

【本件のポイント】
●生駒市との官学連携による、学生の就職サポート
●公務員志望の学生の、将来像を明確化する研修
●生駒市職員による業務説明やキャリアプランの紹介で、業務への理解を深める

【本件の概要】
近畿大学法学部では、公務員志望の学生を対象とする行政コースを設置するなど、学生の夢の実現をサポートしています。一口に公務員といっても、国家公務員と地方公務員では仕事内容は大きく異なり、都道府県と市町村でも異なります。学生が公務員の仕事内容を十分に理解し、将来像を明確化した上で公務員を目指せるよう、生駒市役所の研修を実施します。
生駒市と近畿大学は、平成28年(2016年)4月に包括連携協定を締結しており、市と大学の双方にとって有益で継続性のある取り組みを推進しています。今回の研修は、学生が生駒市役所を訪問し、これからどのような人材が公務員に求められているかなどについて学ぶ内容で、昨年に続き2回目の実施です。

■日 時:平成29年(2017年)10月4日(水)10:00~16:00
■場 所:生駒市役所
     (奈良県生駒市東新町8番38号、近鉄奈良線「生駒駅」から徒歩約5分)
■参加者:近畿大学法学部生 16人
■内 容:生駒市職員による業務概要の説明、人事担当者による主なキャリアプランの紹介、庁舎等施設見学、若手職員との意見交換

生駒市職員による業務説明(昨年)
生駒市職員による業務説明(昨年)