コロナ禍に附属農場産「近大マンゴー」で食の喜びと癒しを提供 小学校や幼稚園等にフリーズドライマンゴーを寄贈

フリーズドライマンゴー 100%近大です。
フリーズドライマンゴー 100%近大です。

近畿大学附属湯浅農場(和歌山県有田郡湯浅町)は、近大マンゴーを100%使用した「フリーズドライマンゴー 100%近大です。」を製造し、地元の小学校・幼稚園等に寄贈することになりました。令和3年(2021年)2月15日(月)に湯浅町庁舎にて寄贈式を行います。

【本件のポイント】
●小学校や幼稚園等にフリーズドライマンゴーを寄贈し、コロナ禍に食の喜びと癒しを提供
●ドライフルーツにすることで、人気の近大マンゴーを旬の時期以外にいつでも手軽に楽しめる
●「"オール近大"新型コロナウイルス感染症対策支援プロジェクト」の一環として実施

【本件の概要】
「フリーズドライマンゴー 100%近大です。」は、近畿大学が全学を挙げて取り組んでいる「"オール近大"新型コロナウイルス感染症対策支援プロジェクト」の一環として開発したもので、「近大マンゴー」の旬である夏以外の季節にも手軽にマンゴーを楽しむことができるうえ、コロナ禍におけるストレス社会に手軽にビタミン・ミネラルが補給できます。
今回、附属湯浅農場の地元である湯浅町内の小学校・幼稚園等に寄贈し、コロナ禍にある子どもたちに食の喜びと癒しを提供します。また、食味やマンゴーについてのアンケートを実施し、今後の製品の改良につなげます。

【寄贈式開催概要】
日 時:令和3年(2021年)2月15日(月)10:00~10:30
場 所:湯浅町庁舎内 2階 災害対策室
   (和歌山県有田郡湯浅町青木668-1)
出席者:近畿大学附属湯浅農場長 重岡 成
    湯浅町教育委員会教育長 垣内 淳
贈呈品:フリーズドライマンゴー 100%近大です。 1,090個
寄贈先:田(た)保育所(和歌山県有田郡湯浅町田558-6)
    向島(むこうじま)保育所(和歌山県有田郡湯浅町湯浅2707)
    武者越(むしゃごえ)保育所(和歌山県有田郡湯浅町湯浅1407)
    ひまわり保育園(和歌山県有田郡湯浅町青木564-1)
    湯浅幼稚園(和歌山県有田郡湯浅町湯浅785)
    湯浅小学校(和歌山県有田郡湯浅町湯浅1570)
    山田小学校(和歌山県有田郡湯浅町山田1920)
    田栖川(たすかわ)小学校(和歌山県有田郡湯浅町栖原1384)
    田栖川(たすかわ)小学校吉川分校(和歌山県有田郡湯浅町吉川938-2)
    田村小学校(和歌山県有田郡湯浅町田359)

【「フリーズドライマンゴー 100%近大です。」】
近畿大学附属湯浅農場とフリーズドライ食品の製造・販売を行う株式会社ポタジエ(和歌山県紀の川市)が協力し、農学部の学生と教職員が丹精を込めて栽培した「近大マンゴー」を特殊な技術で真空凍結乾燥させた新感覚のドライフルーツです。「いつでもどこでも食べられる」をコンセプトに、多くの人に近大マンゴーの味と風味を楽しんでもらえるように開発しました。生の近大マンゴーでは味わうことのできないサクッとした食感と凝縮された甘みの詰まったフリーズドライマンゴーは、ビタミンやミネラルを手軽に補給できるおやつや軽食としてお楽しみいただけます。

【株式会社ポタジエ概要】
会社名 :株式会社ポタジエ
代表者 :代表取締役 王隠堂 政見
所在地 :和歌山県紀の川市桃山町調月594-3
事業内容:フリーズドライ製品の製造販売
設  立:平成26年(2014年)7月8日
資本金 :9,000万円
URL  :https://www.potagerfd.co.jp/

【"オール近大"新型コロナウイルス感染症対策支援プロジェクト】
近畿大学は、令和2年(2020年)5月15日から「"オール近大"新型コロナウイルス感染症対策支援プロジェクト」を始動させました。これは、世界で猛威をふるう新型コロナウイルス感染症について、医学から芸術までの研究分野を網羅する総合大学と附属学校等の力を結集し、全教職員から関連研究や支援活動の企画提案を募って実施する全学横断プロジェクトです。72件の企画提案が採択され、約1億3千万円の研究費をかけて実施しています。

【関連リンク】
近畿大学附属湯浅農場
https://www.kindai.ac.jp/farm/