2050年カーボンニュートラルの実現に向け「C2Xプロジェクト」に参画

株式会社タクマは、次世代の清掃工場について構想します

株式会社タクマ(本社:兵庫県尼崎市、社長:南條博昭)は、株式会社サニックス、スマートシティ企画株式会社、株式会社ゼネシス、株式会社リテックフロー、株式会社巴商会、大栄THA株式会社、NECキャピタルソリューション株式会社、学校法人早稲田大学と連携し、再エネ主力時代における循環型で持続可能な脱炭素社会の実現に向けたオープンイノベーションプラットフォームの「C2X(Carbon to X)」プロジェクトに参画します。

カーボンニュートラルの実現に向け、脱炭素技術やCCUS(Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage、CO2の回収、利用、貯留)技術を普及推進するため、異業種連携、複数社のコラボレーションによる事業化に重点をおいた組織として「C2X(Carbon to X)」を発足します。「C2X」プロジェクトを通じて、回収したCO2を燃料や化学品の原料として活用する事業などCCUS技術を事業化していくことで、目指す世界像「再エネ導入による循環をベースとした持続的で安心・安全かつ快適な脱炭素社会」を実現します。

目指す世界像
目指す世界像

当社は一般廃棄物処理プラントのリーディングカンパニーとして、「C2X」を通じて2050年カーボンニュートラルに向けた次世代の清掃工場を自治体や地域の皆さまとともに構想・検討し、脱炭素社会の実現へ貢献していきます。