【武蔵野大学】「第7回 数理工学コンテスト」を開催中

世界中の不思議を数理で解き明かす 中高生限定で作品を募集

武蔵野大学工学部数理工学科(東京都江東区)は、数理の力で自然現象や社会現象をモデル化して理解し、システム設計に応用できる人材や、ビッグデータから問題の本質を見抜くデータサイエンティストの育成を目指しています。その一環として、次代を担う中学生・高校生を対象にした「第7回 数理工学コンテスト」の作品を、令和2年(2020年)11月1日(日)~令和3年(2021年)1月29日(金)まで期間募集しています。

 

【本件のポイント】

● 数理工学の普及・推進を目的に2014年から毎年開催しており、今年で7回目の開催
● 第1回から6回まで中学生・高校生から902作品の応募がある人気のコンテスト
● 中学生・高校生は日常生活の中で課題を見つけ、数理工学を実践的に学ぶ

 

【本件の内容】

「数理工学コンテスト」は、数理工学の普及や数理工学教育の推進に貢献することを目的に2014年から毎年開催し、今年で7回目の実施となります。第1回から6回まで中学生・高校生から合わせて902作品の応募があり、80の作品が受賞しました。応募された作品は物理や化学、生物などの自然科学分野から、日常的な統計やシミュレーションなどバラエティに富んでおり、中高生らしいアイデア、興味関心の幅広さなど、数理工学の汎用性を反映したユニークな内容が多く寄せられています。
前回の応募作は、エスカレーター両側立ちにおける輸送効率、電車内の行動シミュレーション、自転車の石跳ね、スマートフォンのホーム画面におけるアプリ配置など、日常的なテーマが多くみられました。日常生活から面白いアイデアを見つける好奇心、問いを立て、計算やシミュレーションを行ってアイデアを検証し、物事の本質に迫るユニークな作品を募集します。またこのコンテストに応募することで、同学科の総合型選抜入試の出願資格にもなります。

 

【募集概要】

■募集テーマ
身の回りの事項や社会的な問題に対して、
1. 数学や物理などの数理的な考え方を用いて数式化を行い、対象や問題の性質を説明する。
2. 統計的なデータ分析を行い、問題を解決するための有益な情報を取り出す。あるいは興味深い解析結果を導く。

■募集期間
令和2年(2020年)11月1日(日)~令和3年(2021年)1月29日(金)※消印有効

■応募資格
中学生・高校生・大学受験生の個人、もしくはグループ

■応募方法
①応募フォームに必要事項を記入し応募登録を行う。
②登録完了で受付ナンバーを発行(登録完了メールで通知)。
③応募用紙に必要事項と応募フォーム登録完了時に発行された受付ナンバーを記入。
④応募用紙・応募原稿をメールまたは郵便・宅配便で送付。

■送付方法
・郵送の場合
〒135-8181 東京都江東区有明三丁目3番3号
武蔵野大学 大学入試センター「数理工学コンテスト」係

・メールの場合
nyushi@musashino-u.ac.jp

■発表
2021年3月上旬ホームページにて公開

■賞
最優秀賞/優秀賞/奨励賞/選考委員賞

■副賞
最優秀賞  図書カード5万円分
優秀賞   図書カード1万円分
奨励賞   図書カード5千円分
選考委員賞 図書カード3千円分

■主催/共催
武蔵野大学 工学部数理工学科/武蔵野大学 数理工学センター

■コンテストに関する問い合わせ先
武蔵野大学 大学入試センター事務課
TEL:03-5530-7300 FAX:03-5530-3811
Mail:nyushi@musashino-u.ac.jp

※必ず下記関連リンクをご確認ください。

  

【関連リンク】

■「第7回数理工学コンテスト」ホームページ:https://tinyurl.com/y7jzzpyx

■「第7回数理工学コンテスト」ポスター:https://tinyurl.com/ydz7nrq6

■ 応募フォーム:https://www.musashino-u.ac.jp/cypochi/form/pc/unit1000244.html