《WEBセミナー》適性検査を駆使して活躍人財を「見極める」 ~その人事施策に科学的根拠はありますか?~

【出版記念特別企画】

「活躍を期待していたのに想定と違っていた。」

「採用をしてもすぐ辞めてしまう・・・。」

採用・配置・抜擢、そして育成でそんな悩みをお持ちの経営者・人事の方向けに「人事に科学を活用する」ご提案です。



これまで私たちは、人の真のポテンシャルを見抜いて採用、配置、抜擢ができていたでしょうか?
個にフォーカスし、個々の勝ちパターンを尊重し、個を活かす育成体系が設計されていたでしょうか?
一般的優秀人財が自社にとっても優秀人財とは限らない中、自社にとっての「不適合人財」を抱えて苦しまれている企業が多いのです。

これからは主観的なイメージや仮説だけでなく、客観的かつ信頼性の高い科学的なデータを活用することによって、より活躍可能性の高い人財を採用・配置し、個々の勝ちパターンを活かす人事戦略が重要です。

今回は日本経済新聞出版「HRプロファイリング」の出版記念として弊社パートナーの株式会社レイル須古勝志社長をお招きし、自社で活躍する人財を厳選するアセスメント「マルコポーロ」の活用方法と事例についてお話していただきます。


▼人財アセスメントツール「マルコポーロ」
https://marcopolo.jp/

▼日本経済新聞出版「HRプロファイリング」
https://nikkeibook.nikkeibp.co.jp/item-detail/32341

【WEBセミナー日時】
2020年6月16日(火)16:00~17:00
※参加申し込みいただいた方へ、WEBセミナー用URLをメールにてお知らせします。


▼下記よりお申し込みください。