日本音楽コンクール第1位受賞の作曲家 若林千春 その楽曲を集めた9年ぶりの演奏会 『琳-0 若林千春 個展 2022』開催決定 カンフェティでチケット発売

音楽家集団“婆娑羅…カオスモス”主催『琳-0 若林千春 個展 2022』が2022年9月4日 (日)に宇フォーラム美術館(東京都国立市東4-21-3)にて開催されます。
チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 大剛)にて発売中です。

カンフェティにてチケット発売中
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=67352&

公式ホームページ
https://basarachaosmos.wixsite.com/chiharuwakabayashi

日本音楽コンクール第1位受賞の作曲家、若林千春の9年ぶりとなる作品展です。
若林は「なにもないことのすべて」をテーマに音楽活動を展開しています。
この度の作品展は、「琳-0」と題し、初演を含む近作の独奏作品によって構成されます。
演奏は、石上真由子(ヴァイオリン)、若林かをり(フルート)、マクイーン時田深山(箏)、松原智美(アコーディオン)という若手実力派による布陣です。
豊かな響きを持つ宇フォーラム美術館の空間で、新しい作品の息吹を是非堪能しにご来場ください。

■プログラム
若林 千春 作曲
「飛び出し小僧 Ⅴ」
「光跡 Ⅰ」
「光跡 Ⅲ」【初演】
「(題未定)」【初演】
「しらとみ」【改訂初演】
「玉響…momentariness Ⅵ」

若林千春プロフィール

東京藝術大学卒業、同大学院修了。第65回日本音楽コンクール作曲部門第1位・安田賞。第1回東京文化会館舞台芸術作品募集最優秀賞。東京文化会館舞台芸術フェスティヴァル2001において、「音詩劇『木・林・森…あのうみでの出来事/月魄のデュオュソス』~三群の合唱体、4人の打楽器、舞踏、照明、音響効果のために~」が初演される。現代音楽セミナー&フェスティヴァル「秋吉台の夏2005~2013」招聘講師。現在までに8回の作品展を開催。「若林千春 個展 Ⅷ ~究極のUTU~」のもようは 二週にわたりNHK-FMにて放送される。自作のCD「原響/ひもろぎ」および「玉響…ぴあにッシモ」が、レコード芸術誌上にて特選盤の評価。2014年および2018年にフランスの現代音楽演奏団体 Accroche note により、またC. ドラングル・M.カーロリによって作品が演奏されている。2018年第1回是阿観作曲家コンクール最優秀者に選ばれる。

若林千春作曲「ゆにわ/しま Ⅰ ~フルートとチェロのために~」

公演概要

音楽家集団“婆娑羅…カオスモス”
『琳-0 若林千春 個展 2022』
公演期間:2022年9月4日 (日)14:30開場/15:00開演(※16:30終演予定)
会場:宇フォーラム美術館(東京都国立市東4-21-3)

■出演者
松原智美(アコーディオン)
若林かをり(フルート)
石上真由子(ヴァイオリン)
マクイーン時田深山(箏)

■チケット料金
一般:4,000円
学生:2,000円
(整理番号付き全席自由席・税込)