大野いとさんが時代を行き来するような非日常の旅へ「月刊 旅色」6月号&旅ムービー公開

東京ホテイソン・たけるさんが芸人仲間とのプライベート写真を交えて旅について語る連載も

株式会社ブランジスタメディアは、表紙・巻頭に大野いとさんを迎え、島根県大田市と提携し、同市の観光PRなどを目的とした特集を掲載した電子雑誌「月刊 旅色」2022年6月号を本日公開しました。また、東京ホテイソン・たけるさんがプライベート写真を交えておすすめの旅を紹介する連載も掲載しています。

「月刊 旅色」2022年6月号 大野いとさんがナビゲートする

「島根・大田でノスタルジックジャーニー」

https://tabiiro.jp/

 電子雑誌「月刊 旅色」6月号では、島根県大田市と提携したタイアップ特集を掲載。映画やドラマなどで活躍中の大野いとさんが大田市を1 泊2 日で巡ります。2022年 2月に公開され、島根県が舞台の映画「高津川」に出演しており、島根は大切な場所だと話す大野いとさん。島根の魅力を知る大野さんも思わず「見どころいっぱいでずるい!」とつぶやくほど、大田は心惹かれる場所が盛りだくさんだったようです。江戸時代の町割りのままの趣ある町並みや縄文時代の森が残るミュージアムなど、時代を行き来する非日常感を満喫。石見銀山の銘菓「げたのは」や名産の穴子など、グルメも堪能しました。さらに砂に触れることが好きだという大野さんは、世界最大の砂時計がある「仁摩サンドミュージアム」で砂絵に挑戦。歩くとキュッキュと音がなる鳴砂の琴ヶ浜で撮影した、真っ白な砂浜にぽつんとある白いドアでの幻想的な写真にも注目です。また、電子雑誌を紙冊子にしたパンフレットを制作し、県内の観光案内所、日比谷しまね館などで配布を予定しております。
 その他、旅好きにおすすめの旅程を聞く連載「あの人の旅プラン」は、お笑い芸人の東京ホテイソン・たけるさんの前編。プライベート写真を交え、京都や金沢での印象深い旅を振り返ります。

「月刊 旅色」2022年6月号表紙:大野いとさん
「月刊 旅色」2022年6月号表紙:大野いとさん

■ 表紙・巻頭グラビア・インタビュー / 大野いとさん

https://tabiiro.jp/book/monthly/202206/

 旅ではアクティブに行動するという大野さんにとって、旅時間は「自分が何をしたいか再確認できる時間」。そのため、荷物は少なくして、旅先の環境に身を任せるのだとか。宿泊先はSNSなどで旅した人が撮った写真をヒントにするそう。「写真から明るい気持ちが伝わってくると、きっと素敵な場所なんだろうなって」と言います。今回訪れるのを楽しみにしていたスポットでは、写真もたくさん撮影。オフショットにその様子を掲載しているので、どの場所かはインタビューでご覧ください。

「月刊 旅色」6月号インタビュー:大野いとさん
「月刊 旅色」6月号インタビュー:大野いとさん
「月刊 旅色」6月号インタビュー:大野いとさん
「月刊 旅色」6月号インタビュー:大野いとさん

■ 1泊2日のRefresh Trip / 大田市(島根県) 「世界遺産、天然記念物、日本遺産が揃う 島根・大田でノスタルジックジャーニー」

https://tabiiro.jp/book/monthly/202206/refreshtrip/

 大野いとさんと訪れたのは、島根県のほぼ中央に位置する大田市。世界遺産である石見銀山や国指定天然記念物の琴ヶ浜、約4000年前の森が残る三瓶小豆原埋没林公園(さんべ縄文の森ミュージアム)などの自然スポットを楽しみ、地元食材や銘菓といったグルメを満喫しました。

「月刊 旅色」6月号大田市Refresh Trip
「月刊 旅色」6月号大田市Refresh Trip
「月刊 旅色」6月号大田市Refresh Trip
「月刊 旅色」6月号大田市Refresh Trip

大野いとさんの旅ムービー:https://youtu.be/c08wlr9MQ4Y

■ あの人の旅プラン / 東京ホテイソン・たけるさん(前編)

https://tabiiro.jp/book/monthly/202206/plan/

 旅好きの著名人におすすめの旅を聞く連載。今回は、芸人仲間との旅も一人旅も大好きで、出身地である岡山県高梁市(たかはしし)の観光大使にも就任されたお笑い芸人の東京ホテイソン・たけるさんが登場。思い出深い宿や毎年行くという京都と金沢のお気に入りスポットを伺いました。芸人仲間との貴重なプライベート写真に注目です!

「月刊 旅色」6月号東京ホテイソン・たけるさん(前編)
「月刊 旅色」6月号東京ホテイソン・たけるさん(前編)
「月刊 旅色」6月号東京ホテイソン・たけるさん(前編)
「月刊 旅色」6月号東京ホテイソン・たけるさん(前編)

■「あれ食べに行こう」からはじまる旅 タベサキ 数寄屋造りのお宿で愉しむ粋人たちが愛した鮎料理

https://tabiiro.jp/book/monthly/202206/tabesaki/

 6月1日「鮎の日」には全国各地で鮎漁が解禁されます。その香りの高さから香魚とも呼ばれる夏の風物詩。今回お伺いしたのは関東屈指と譽れ高い“鮎の宿”。絶好のロケーションで鮎尽くしに興じます。

■ プレゼントキャンペーン 「ホテルゲートイン鹿児島」のペア宿泊券(素泊まり)」を抽選で1組2名様に

https://campaign.tabiiro.jp/campaigns/kagoshima-gatein0525/

次号、2022年7月号(6月27日公開)の表紙は、川島海荷さんです。

<株式会社ブランジスタメディア 会社概要>

URL   :https://media.brangista.com/
本社所在地:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-4
ネクシィーズスクエアビル
代表者  :代表取締役社長 井上秀嗣
事業内容 :電子雑誌出版・電子広告

株式会社ブランジスタメディアは、株式会社ブランジスタ(東証上場6176)のグループ企業です。