「株式会社あい・グループ」は「SDGs事業認定」を受けました

「株式会社あい・グループ」は17の開発目標中、3項目について「SDGs事業認定」を受けました。

大阪・京都で24院を展開するあい鍼灸院・接骨院を運営する株式会社あい・グループ(本社:大阪府大阪市、代表取締役:伊藤 勇二、https://www.ai-medical.co.jp/) は「SDGs事業認定」を受けました。

株式会社あい・グループでは、SDGsの取り組みとして、17の開発目標中、3項目について取り組んでいます。

株式会社あい・グループの3つの取り組み

3.すべての人に健康と福祉を

出産直後の母子の健康的な生活を確保するため、産後ケアの一環として母親の心身を早期に回復させる「産後骨盤ケアメニュー」を独自で開発しました。
こちらのメニューにより、スムーズな育児生活へのスタートを支援します。

---------------------------------------------
「あい鍼灸院・接骨院 」
https://www.ai-medical.co.jp/store/
---------------------------------------------

5.ジェンダー平等を実現しよう(ジェンダー平等の達成・女性や女児の能力強化)

8.働きがいも経済成長も

ジェンダー平等(男女同権)を目指し、女性の能力強化の促進、及びKGI(経営目標達成指標)達成により働きがいのある仕事を実現します。

◎女性のキャリアアップのシステムを構築します。
◎KGI達成に向かう能力及び技術力アップ研修などの能力強化を促進します。
◎「こころをほぐす、愛がある」というスローガンのもと、ハイクオリティな施術とこころがほぐれる接遇で、心身共に世界中に『健康』をもたらす企業を目指します。

株式会社あい・グループでは、SDGsに対しての取り組みを通じて、持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現を目指して参ります。