リモートワークの浸透で、“首枕”になるジャケットが大反響!ネックピロージャケットを前年比5倍の数量で展開、「洋服の青山」全店発売

“屋内”では休憩中のリラックスグッズ、“屋外”では清涼感ある快適な着心地

 青山商事株式会社(本社:広島県福山市/代表取締役社長:青山理(おさむ))は、仕事の休憩中などに“首枕”として使える「ネックピロージャケット」を、前年比で5倍の数量となる25,000着を用意し、4月8日(木)から全国の「洋服の青山」およびオンラインストアで販売します。

 「ネックピロージャケット」は、裏地に取り付けた専用袋に上着そのものを収納することで、首枕(ネックピロー)に早変わりするジャケットで、優れた防シワ性を生かした当社独自の商品として2018年から販売しています。当初は出張や外出先の移動中に便利に使えるアイテムとして開発しましたが、コロナ禍でシェアオフィスなどでのリモートワークが浸透する中、オンライン会議用の“ジャケット需要”と休憩中のちょっとした“リラックスグッズ需要”の両方の需要に応えた商品として大きな反響を呼んでいます。これらを踏まえ、今春は商品数量を大幅に増やして販売を強化していきます。

 表生地には東レ株式会社とのタイアップ生地「ブリーズクールPT」を使用しています。この生地は、高い遮熱効果と通気性により衣服内の温度上昇を抑制することで、屋外でも清涼感のある快適な着心地を体感できます。また、この商品は自宅で洗えて洗濯後の乾きも早いなどの手入れの手軽さも特徴です。その他、同生地のパンツも用意しておりセットアップスーツとしても着用できます。カラーはネイビー・グレーの2色を用意しています。


【商品概要】

素材 ポリエステル100%
カラー ネイビー・グレー(2色)
サイズ ジャケット:SS~3L・ワイドSS~3L/パンツ:73cm~94cm

<販売価格> 
ジャケット 本体12,000円(税込13,200円)
パンツ 本体7,900円(税込8,690円)

販売店舗 洋服の青山 全店/洋服の青山オンラインストア

※記載の情報はリリース発売日現在のものです。

外気温30℃程度の初夏の日中を想定した比較実験で、15分間歩行した後の衣服内温度を測定。その結果、ポロシャツのみを着ている時よりも、ポロシャツの上に「ブリーズクールジャケット」を着ている方が、衣服内温度(肩部)が約4℃低くなることが分かりました。
※東レ株式会社の実験データ