シングルモルト ジャパニーズウイスキー「白河1958」限定発売

~1958年に蒸留された希少なジャパニーズウイスキー~ 70本限定で宝酒造オンラインショップにて受注開始

 宝酒造株式会社は、シングルモルトジャパニーズウイスキー「白河1958」を、宝酒造オンラインショップにて70本限定、化粧箱入り1本420万円(税抜き)で発売します。2022年12月1日(木)から受注を開始し、2023年5月以降発送予定です。
 
 「白河1958」は、かつてモルトウイスキーを製造し、2003年に閉鎖された当社白河工場※にて、1958年に蒸留された希少なジャパニーズウイスキーです。これまでに世界で販売されたシングルモルトジャパニーズウイスキーの中でも極めて古い原酒を使用し、なめらかな口当たりとオーク樽由来の複雑な芳香が特長です。時間とともに変化する、複雑でありながら、バランスのとれた香りと味わいを楽しむことができます。

 国内外でのジャパニーズウイスキー需要の高まりを受け、宝グループでウイスキーの製造・販売を行う英国トマーチン社が、今年9月、全世界向けに1,500本限定で販売を開始しました。今回、日本のお客様にも希少なシングルモルトジャパニーズウイスキーを楽しんでいただきたいという想いから、当社オンラインショップにて、その内の70本を限定で発売します。

※白河工場…1947年、大黒葡萄酒が福島県に所有していた工場を買収・改修して白河工場とし、ウイスキー、ワイン、ブランデー、焼酎などの製造を開始。2003年に閉鎖。

●酒質について
 トマーチン社のスティーブン・ブレムナー社長は、宝酒造のモルトウイスキー製造の歴史に興味を持ち、情報収集を行っていた。2019年、宝酒造に白河工場で蒸留されたウイスキー原酒が保管されていることがブレムナー社長に伝わった。社内資料を元に、1958年に白河工場にて蒸留されたものであることが判明した。ウイスキーに関する当時の記録がほとんど残っていないため、詳しい熟成樽の種類や樽での熟成期間は不明。これまでに世界で販売されたシングルモルトジャパニーズウイスキーの中でも極めて古い原酒を使用しており、希少性が高い。

●香り・味わいについて
 まずは、オーク樽由来のフルーティーな香りとナッツ系の香りが立ち昇り、徐々にオーガニックな香りへと移り変わる。さらに、スパイス系、フローラル系、ウッディー系のアロマが感じられた後に、エキゾチックな香りがそれらをしっかりと包み込む。円熟と若さのバランスが絶妙で、リンゴやライムのようなフルーツ系の味わいの後に、ホワイトチョコレートのフレーバーが加わり、トロピカルな味わいへと進化する。軽やかなスパイス系、ほのかなスモーク系の余韻を楽しめる。

●パッケージ他について
 商品名である「白河」の2文字を金色でダイレクトプリントしたボトルを採用し、1本1本シリアルナンバーを刻印。化粧箱には木箱を用い、内側には当時の白河工場のイラストと誕生ストーリーを掲載した。ジャパニーズウイスキーの世界的権威と言われるステファン・ヴァン・エイケン氏が執筆したブックレット付きでお届け。

■商品に関する詳しい説明・商品のご注文はこちらから
 https://shop.takara.co.jp/shopdetail/000000000286/

■商品概要
商品名:シングルモルトジャパニーズウイスキー「白河1958」
品目:ウイスキー
原材料名:モルト
アルコール分:49%
容量/容器:700ml/壜
梱包:ケース1本入(化粧箱入)
価格(送料込み):4,200,000円(税込価格:4,620,000円)
発売ルート:宝酒造オンラインショップ限定<URL>https://shop.takara.co.jp/
販売予定数量:70本限定(先着順・1人1本限定)
注文受付期間:2022年12月1日(木)~2023年2月22日(水)
商品お届け時期:2023年5月以降順次発送