50代の広報部長、まだまだ現役で輝きたい!女性らしいバストを取り戻す

美容外科 南クリニック(所在地:東京都渋谷区、院長:南 晴洋)は、50代女性が豊胸を行った例についてのコラムを公開いたしました。

閉経前後の女性はホルモンバランスの変化によって、さまざまな症状に悩まされます。ほてりやイライラ、血圧上昇などの更年期障害に加えて、脂肪がつきやすくボディラインが大きく崩れる時期でもあります。

全身に脂肪がつけば、バストも大きくなるのでは? と思うかもしれませんが、残念ながらそううまくはいきません。

たいていの人は、ウエストから下に脂肪が多くつき、上半身は逆に痩せてしまう傾向にあります。とくに、首からバストトップにかけての脂肪は薄くなり、バストのふくらみは下垂していきます。

最近は更年期を過ぎても、女性が最前線で活躍する時代です。現役で仕事をする人もたくさんいますし、2度目、3度目の熱い恋愛を楽しむ人もいます。

アクティブな女性たちは、ボディラインを維持するためにエクササイズを必死に頑張っていますが、残念ながらバストはエクササイズだけで形を維持することはできません。

そうした女性が増えたからでしょう、このところ南クリニックに豊胸術を受けに来院される患者さんのなかで、更年期前後の人が増えてきています。忙しく働きながら、自分の時間を楽しみ、自分の体を愛する女性たちは、みなさんきらきらと輝き魅力的です。そんな女性の一人、石塚さん(仮名)の症例を今回は紹介しましょう。

50代になってから豊胸術を受けるなんて恥ずかしい……。そんな気持ちが吹き飛ぶ症例です。

出産経験なし、でも垂れるバスト…やはり年齢には勝てない?

最前線で活躍する50代女性

大手企業の広報担当者として、テレビや雑誌にも登場した経験のある石塚さん。身長163㎝と、50代としては長身でスレンダー。かつて清純派として活躍した女優さんに似た、和風美女です。

独身を貫いてきた石塚さんは、2度の大恋愛を経験していると告白してくれました。一度目は外国人、二度目は10歳年上の日本人。いずれも真剣な交際でしたが、結婚しようとは思わなかったそうです。

結婚に踏み切らなかった一番の理由は、相手が子どもを望んだからだそうです。子どもは嫌いではありませんが、広報の仕事が大好きで、自分には妊娠・出産によって仕事を休むという選択はできないと確信していたのだそうです。

突然訪れた、更年期の症状

現在、53歳の石塚さんは、広報部の部長にまで上り詰めました。自社、他社を問わず、企業のトップとの打ち合わせ、会議、会食、ゴルフなどでスケジュールは埋まっています。

若いころはビジネスシーンでもアイドルのように扱われることが多かったそうですが、40代以降は「できる女」として見られることを意識し、ファッションやメーク、そして立ち居振る舞いも気をつかってきました。

順調に思えた石塚さんの人生でしたが、49歳のときに、突然、ホットフラッシュが始まりました。誰も暑がっていないオフィスで、1人、顔から汗を流し、うちわであおぐ自分に気づき、「更年期」の三文字が頭に浮かんだといいます。

院長:南晴洋

京都第二赤十字病院形成外科勤務、大手美容外科院長を経て1997年 南クリニック開業。