メサラミン市場規模は、2030年には2億1260万米ドルに達し、複合年間成長率(CAGR)は3.8%を記録すると予測される

2021年のメサラミン世界市場規模は1億6950万米ドルでした。メサラミンの世界市場規模は、2022年から2030年までの予測期間において年平均成長率(CAGR)3.8%を記録し、2030年には2億1260万米ドルに達すると予測されます。

メサラミン(Mesalamine)は、メサラジンとしても知られており、活動性UCの治療に使用される第一選択薬です。5-アミノサリチル酸を含む処方薬です。また、他の炎症性腸疾患の治療にも役立ちます。

レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol380

市場に影響を与える要因

メサラミンは安全性が高いとされており、今後需要の拡大が期待されます。潰瘍性大腸炎(UC)の世界的な罹患率の高さから、メサラミンに対する需要が高まると予想されています。また、新製品が発売された場合にも、市場は拡大すると考えられます。
世界のメサラミン業界では、患者支援プログラムが急増しており、新たな機会が次々と生まれると思われます。
メサラミン市場の拡大の背景には、研究開発の増加や発展途上国における医療費の増大があります。
嘔吐、発熱、頭痛、胃部不快感、腹部不快感などの副作用が、調査期間中のメサラミン世界市場の成長を制限する可能性があります。

COVID-19の影響分析

COVID-19のパンデミックは、世界のメサラミン市場にプラスの影響を与えています。医薬品に対する需要は、COVID-19の流行期間を通じて変わらないと予測されます。さらに、最大規模の国々の政府は、医療費の拡大や医療インフラの強化に非常に力を入れています。したがって、市場成長のための十分な成長機会を提供することになります。また、COVID-19の影響により、企業は研究開発活動に大きな投資を行っています。このように、これらすべてが世界のメサラミン市場の成長に貢献することになるでしょう。

地域別分析

北米は、本薬剤の利点に関する認知度が高まっていることから、メサラミン市場で最大のシェアを占めると予測されます。また、同地域には著名な製薬会社が存在することから、市場の成長に寄与すると予測されます。また、政府の資金援助やインセンティブも、今後数年間で市場成長を急増させると予測されています。さらに、有病率の上昇と老年人口の増加は、調査期間中、地域のメサラミン市場に利益をもたらすと思われます。

市場の競合他社

マイランN.V.
テバ・ファーマシューティカルズ
フェリングB.V.
アラガン
ボシュ・ヘルス・カンパニーズ・インコーポレイテッド(サリックス製薬)。
ザイダス・カディラ
コスモファーマシューティカルズ
ティロッツファーマAG
シャイアー・ピーエルシー
ファイザー株式会社
ノルガファーマ
アストラゼネカ
アッヴィ・インコーポレイテッド
武田薬品工業
ジョンソン・アンド・ジョンソン
ベーリンガーインゲルハイムGmbH
サンドメサラミン
シプラ社
シンモザバイオファーマ株式会社
ルナン・ベター・ファーマシューティカルズ
メルク・アンド・カンパニー
ノバルティスAG
その他の著名なプレーヤー

市場細分化

メサラミンの世界市場は、剤形、用途、地域によって区分されています。

剤形に基づいて、メサラミン市場は以下のように区分されます。

カプセル
錠剤

用途別に見ると、メサラミン市場は以下のように区分されます。

潰瘍性大腸炎
クローン病
その他腸管炎症性疾患

地域別に見ると、メサラミン市場は以下のように区分されます。

北アメリカ
米国
カナダ
メキシコ
ヨーロッパ
西ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
イタリア
スペイン
その他の西ヨーロッパ地域
東欧
ポーランド
ロシア
その他の東欧諸国
アジア太平洋地域
中国
インド
日本
オーストラリア・ニュージーランド
アセアン
その他のアジア太平洋地域
中東・アフリカ(MEA)
UAE
サウジアラビア
南アフリカ共和国
MEAの残りの部分
南米
ブラジル
アルゼンチン
その他の南米地域

レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol380