近畿大学生物理工学部の学生が食育イベントを開催 ランチョンセミナーと料理教室で農学部教員による栄養指導を行う

ランチョンセミナーで配布する農学部食品栄養学科考案の近大アンチエイジング弁当
ランチョンセミナーで配布する農学部食品栄養学科考案の近大アンチエイジング弁当

近畿大学生物理工学部(和歌山県紀の川市)では、近畿大学学園学生健保共済会和歌山支部が主催し、一人暮らしの学生の食への意識を高め、自立への一歩を支える食育イベント「ゼロから始める下宿メシ」を開催します。令和6年(2024年)5月14日(火)のランチョンセミナーおよび6月1日(土)の料理教室で、農学部(奈良県奈良市)食品栄養学科准教授で管理栄養士の木戸慎介による栄養指導を行います。

【本件のポイント】
●近畿大学学園学生健保共済会和歌山支部の学生らが、参加体験型食育イベントを主催
●ランチョンセミナーで、本学オリジナルの「近大アンチエイジング弁当」を用いた栄養指導を実施
●農学部食品栄養学科の学生が考案したロコモコ丼を作り、料理技術を高めながら学部を越えた学生間の交流の輪を広げる

【本件の内容】
近畿大学生物理工学部は、関西圏を中心に全国から学生が集まっており、約3割の学生が一人暮らしをしています。一人暮らしの学生の身体的健康を守り、豊かな社会生活を支えるため、近畿大学学園学生健保共済会和歌山支部の学生らが主催する参加体験型食育イベント「ゼロから始める下宿メシ」を実施し、健康増進の啓発活動の一環として栄養指導を行います。
第1弾として、令和6年(2024年)5月14日(火)に、農学部食品栄養学科准教授で管理栄養士の木戸慎介から栄養指導をうけ、「近大アンチエイジング弁当」を食べるランチョンセミナーを実施します。この弁当は、近畿大学アンチエイジングセンター(大阪府東大阪市)主導のもと農学部食品栄養学科の学生が考案したメニューを基に、薬学総合研究所(大阪府東大阪市)教授 角谷晃司が栽培しているサフランや生物理工学部生物工学科准教授 堀端章が栽培している古代米、近畿大学附属湯浅農場の米などの食材を使用した本学オリジナルの弁当です。弁当の包み紙は文芸学部芸術学科の学生がデザインしています。
第2弾は、令和6年(2024年)6月1日(土)に、農学部食品栄養学科准教授で管理栄養士の木戸慎介による料理教室を実施します。農学部食品栄養学科の学生が考案したロコモコ丼と副菜を作る料理教室には、メニューを考案した農学部食品栄養学科の学生4人も参加し、料理技術を高めながら学部を越えた学生間の交流の輪を広げます。JA紀の里の協力のもと、オイナクッキングスタジオ(和歌山県岩出市)にて実施し、学生が日常購入しやすい安価なJA食材を使用しながら、時短かつ簡単な栄養バランス食の調理方法を習得します。

【「ゼロから始める下宿メシ」開催概要】
<第1弾 ランチョンセミナー>
日時:令和6年(2024年)5月14日(火)12:10~13:00
場所:近畿大学和歌山キャンパス 3号館2階アリーナ
   (和歌山県紀の川市西三谷930、JR阪和線「紀伊駅」からバス約20分)
対象:生物理工学部生(定員150人、参加無料)

<第2弾 料理教室>
日時:令和6年(2024年)6月1日(土)10:00~15:00
場所:JA紀の里 オイナクッキングスタジオ
   (和歌山県岩出市荊本20番地、JR和歌山線「岩出駅」から徒歩約25分)
対象:生物理工学部生(定員24人、参加無料)

【関連リンク】
農学部 食品栄養学科 准教授 木戸慎介(キドシンスケ)
https://www.kindai.ac.jp/meikan/837-kido-shinsuke.html
薬学総合研究所 教授 角谷晃司(カクタニコウジ)
https://www.kindai.ac.jp/meikan/819-kakutani-kouji.html
生物理工学部 生物工学科 准教授 堀端章(ホリバタアキラ)
https://www.kindai.ac.jp/meikan/505-horibata-akira.html

生物理工学部
https://www.kindai.ac.jp/bost/
農学部
https://www.kindai.ac.jp/agriculture/
薬学部
https://www.kindai.ac.jp/pharmacy/
近畿大学薬学総合研究所
https://www.phar.kindai.ac.jp/centers/
近畿大学アンチエイジングセンター
https://www.kindai.ac.jp/antiaging/


AIが記事を作成しています