【名城大学】 2023年4月からデータサイエンス教育のさらなる充実へ

 名城大学は、2022年4月の情報工学部開設、全学「データサイエンス・AI入門」の開講に引き続き、データサイエンス教育のさらなる充実を図るため、全学部の学生が履修できる「データサイエンス・AI副専攻」と、都市情報学部と情報工学部が対象の「数理・データサイエンス・AI」の応用基礎プログラムという2つの新たなプログラムをスタートさせます。

データサイエンス・AI副専攻

多くの産業分野で重要な役割を果たしているデータサイエンスの知識が学べるようにデザインされたプログラムで、全学部の学生が履修できます。所属する主専攻で学んだ専門知識とAI活用力を使って、変化し続ける社会の中で、さまざまな困難な課題を解決し、より良い未来を作り出すことのできる人材の育成を目指します。

【副専攻プログラム(1)】
・名称・・データサイエンス・AI(A)
・提供学部・・都市情報学部
・対象学部・・法学部生、経営学部生、経済学部生、人間学部生、外国語学部生

【副専攻プログラム(2)】
・名称・・データサイエンス・AI(B)
・提供学部・・情報工学部
・対象学部・・理工学部生、農学部生、薬学部生

都市情報学部と情報工学部対象「数理・データサイエンス・AI」の応用基礎レベルプログラム

専門分野で活用できる応用基礎力を修得する目的で、都市情報学部と情報工学部で「数理・データサイエンス・AI」応用基礎レベルのプログラムをスタートします。このプログラムは、数理・データサイエンス・AIを活用して課題を解決するための実践的な能力を身に着けるために必要な知識や技術を体系的に学びます。
(2023年度末に文部科学省による「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(応用基礎レベル)」に申請予定。認定後は、就職活動にも活用できる修了証を発行予定。)


AIが記事を作成しています