「10年後の自社」を思い描き確実に実現する!『資金調達力の強化書』2022年5月16日刊行

「10年後の自社」を思い描き確実に実現する!『資金調達力の強化書』2022年5月16日刊行
「10年後の自社」を思い描き確実に実現する!『資金調達力の強化書』2022年5月16日刊行

株式会社あさ出版(代表取締役:田賀井弘毅、所在地:東京都豊島区)は『資金調達力の強化書』http://www.asa21.com/book/b603013.htmlを2022年5月16日(月)に刊行いたします。

今から備えたい7つのポイントで企業を守る

本書は「資金調達力」を高めることに特化し、7つのポイント「経営者」「基礎知識」「信用力強化」「非財務情報」「経営計画」「IT利活用」「人材強化」に焦点をあてている。

今のような不透明な時代こそ、自社の存在意義や目的、固有のお役立ち、社会との約束を再確認し、その観点から自社を再構築していくべきと考える。

ここ数年の大きなビジネス変化を、10年先の自社を見つめるヒントとする1冊。巻末には財務経営力の基本知識を収録。

書籍情報

表紙
表紙

タイトル:資金調達力の強化書
編著者:赤岩 茂 /鈴木信二
著者:倉澤 芳弥/小山 淳一 /茂田 雄介
ページ数:288ページ 
価格:2,530円(10%税込) 
発行日:2022年5月16日
ISBN:978-4-86667-377-6
http://www.asa21.com/book/b603013.html

amazon:https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/486667377X/asapublcoltd-22/
楽天:https://books.rakuten.co.jp/rb/17086213/?l-id=search-c-item-text-01

目次

プロローグ コロナショックも例外ではない⁉ 10年に一度の危機に備えよう
第1章  経営者編:「資金の法則」を知って会社を守り、発展させよう
第2章 基礎知識編:資金調達の種類・方法などの「基本」を押さえておこう
第3章 信用力強化編:決算書の「信用度」を上げて、資金調達力を強化しよう
第4章 非財務情報編:非財務情報で経営力を伝えて、資金調達力を強化しよう
第5章 経営計画編:「経営計画書」で将来像を明確にし、資金調達力を強化しよう
第6章 IT利活用編:会計の「自動化」を実現して、資金調達力を強化しよう
第7章 人財強化編:戦略的な経理人財を育て、資金調達力を強化しよう
エピローグ 非常時はまたやってくる!これからの10年に備える
巻末資料 この程度は知っておこう!財務分析のエッセンス

著者プロフィール

赤岩茂(あかいわ・しげる)

昭和33年 茨城県生まれ。法政大学経営学部卒業後、監査法人等勤務を経て、平成元年2月に独立。平成14年9月に税理士法人報徳事務所を設立、代表社員・理事長に就任。公認会計士・税理士・情報処理システム監査技術者。千葉商科大学大学院商学研究科 特命教授。人を大切にする経営学会 副会長。日本でいちばん大切にしたい会社大賞 審査委員。古河市代表監査委員。結城信用金庫 員外監事 等を務める。

鈴木信二(すずき・しんじ)

税理士
横浜国立大学経営学部卒業。埼玉銀行(現りそな銀行)、会計事務所などの勤務を経て、平成6年独立、平成18年税理士法人アンビシャス設立、平成28年税理士法人報徳事務所と合併、現在、同事務所代表社員・東京本部長。経済産業省のローカルベンチマーク活用戦略会議委員、明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科兼任講師、東京税理士会中小企業支援対策委員会委員。

倉澤芳弥(くらさわ・よしや)

税理士法人報徳事務所 黒字化支援部部長 税理士
埼玉大学経済学部卒業後、旅行会社を経て、税理士法人報徳事務所に入所現在に至る。

小山淳一(こやま・じゅんいち)

税理士法人報徳事務所 お客様支援部第二課長行政書士・巡回監査士・法学修士・商学修士
青山学院大学経営学部卒業後、出版社、大学院を経て、税理士法人報徳事務所に入所。現在に至る。

茂田雄介(しげた・ゆうすけ)

税理士法人報徳事務所 お客様支援部 研修担当課長巡回監査士
慶應義塾大学法学部卒業後、外資系損害保険会社を経て、税理士法人報徳事務所に入所、現在に至る。


姉妹本 既刊『財務経営力の強化書』

姉妹本 既刊『財務経営力の強化書』
姉妹本 既刊『財務経営力の強化書』