アクサダイレクト、福井センター開所式を開催  福井市長をはじめ約80人が出席  ~多様な働き方に対応する先進的な新オフィスを発表~

アクサ損害保険株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長兼CEO:ハンス・ブランケン、以下「アクサダイレクト」)は、福井センターを福井放送会館(福井県福井市大手3-4-1 福井放送会館4-5階)に移転し、12月9日(月)から本格稼働を開始しました。移転に伴い、同センターにおいて12月20日(金)に開所式を開催し、移転を機に推進する事業戦略等を説明しました。

本プレスリリースのポイント

・アクサダイレクトは、お客さまへのサービス向上、事業継続体制強化および採用強化を目的に、福井センターを福井市内へ移転、12月9日(月)より本格稼働を開始
・12月20日(金)に開所式を開催し、福井県における事業戦略や多様な働き方に対応する新オフィスを発表

アクサダイレクトでは、「カルチャートランスフォーメーション(企業文化の変革)」を全社において推進しています。新オフィスは「ビジョンやゴールを達成するために変わり、自らかえることにチャレンジする」を具現化するため、先進的なデザインを取り入れました。フリーアドレス制を導入し、オフィススペースの効率化を図ることで、「クワイエットエリア」という個人でリラックスできるスペースや、予約せず自由に利用できるコミュニケーションスペースを新たに設けています。また、デジタル化の促進や固定席を持たないことにより、仕事の内容や気分によって働く場所を選択できる多様な働き方が可能になりました。
アクサダイレクトは、今回の移転により、福井センター社員一人ひとりの価値向上、働き方改革などカスタマーファーストを推進するためのアクションプランを実行し、福井県におけるさらなる事業拡大と成長戦略の強化をめざします。

開所式では、代表取締役社長兼CEOのハンス・ブランケンからの挨拶に続き、福井市 東村新一市長、福井県産業労働部 副部長 小浦克之様よりご祝辞を賜りました。また、福井センター長の木村淳から組織変革概要や採用難易度が高い福井県において優秀な人材を確保するため福井県および福井市とのさらなる関係強化などの事業戦略について、人事本部 シニアファシリティマネージャーの竹澤知江子から新オフィスのデザインコンセプトについて発表し、式後には先進的なデザインを取り入れたオフィスを実際にご見学いただきました。

◇ 2020年1月採用(新センター1期生)主な反響
・従来の2倍の応募者数
・ハローワークでの説明会参加者数 過去最高
・応募者居住エリアの拡大

◇福井市 東村新一市長のコメント
アクサ損害保険株式会社の福井センター開所を心よりお祝い申し上げますとともに、本市での開所を歓迎いたします。福井市は2023年春の北陸新幹線福井開業に向けて、観光誘客や交流人口の増加、経済の活性化、地域振興をはかるために都市基盤整備やシティープロモーションを展開しており、その中で御社が福井駅周辺部に開所されましたことは雇用の拡大、賑わいの創出のきっかけになると大変喜ばしい限りです。今後も末永く定着され、本市を代表する企業の一つとして、更に飛躍されますことを期待しております。

◇福井県産業労働部 副部長 小浦克之様のコメント
2004年に本県に進出いただいたアクサ損害保険株式会社の福井センター移転がこの度無事完了し、新オフィスで事業を始められたことに心からお祝いを申し上げます。センターを県都中心部に移転した効果がすでに現れ、新規雇用への応募者が増えたと聞いています。本県は、車通勤者の比較的多い地域ではありますが、潜在的には公共交通機関の利便性が高い市の中心部で働きたいと思っている方が多いことを実感しています。北陸新幹線福井・敦賀開業が約3年後となる中、街中で働く人の増加によって中心市街地の賑わいがさらに大きくなると感じており、今後の福井センターの益々の発展を期待しております。

◇アクサ損害保険 代表取締役社長兼CEO ハンス・ブランケンのコメント
本日、アクサダイレクト福井センター開所式に皆様をお招きすることができ大変うれしく思っています。現在、アクサダイレクトで取り組んでいる「トランスフォーメーション(変革)」の推進においては社員への投資、なかでも働きやすい環境の提供を重視しています。働きやすい会社には、よい立地、快適なオフィスが重要であり、その意味において、本日は当社にとって非常に大切な一歩となります。アクサダイレクトを代表し、福井県ならびに福井市に歓迎いただいたことへ心より感謝申し上げるとともに、今後も長く業務を行ってまいりたいと考えております。

開所式でのテープカット
開所式でのテープカット

(左から アクサ損害保険 執行役員 チーフ・オペレーション・オフィサー 渡邉範明、同福井センター長 木村淳、福井市長 東村新一様、アクサ損害保険 代表取締役社長兼CEO ハンス・ブランケン、福井県産業労働部 副部長 小浦克之様、アクサ損害保険 執行役員 チーフ・カスタマーファースト・オフィサー 佐伯美奈子、同執行役員 チーフ・クレーム・オフィサー 原田保)

・執務エリア

執務エリア
執務エリア

(フリーアドレスに対応する執務エリア。デスクのすぐ脇には予約せずに利用できるコミュニケーションスペースがあり、同僚との打ち合わせや上司への相談などに気軽に利用できる。)

・カフェテリア

カフェテリア
カフェテリア

(ひとり席、会話を楽しめるボックス席、リラックスできるソファー席などから気分により選択可能。壁には、福井県在住の伝統工芸士によるオリジナルの越前和紙アートが飾られている。)

・クワイエットエリア

クワイエットエリア
クワイエットエリア

(仕事の合間にリラックスできるよう設けられた空間。落ち着いた照明と静かな音楽の中、ゆっくりと足を延ばして休憩をしたり、瞑想することが可能に。)

アクサダイレクトは新たな業務基盤のもと、今後も「お客さまが自信をもって、より良い人生を送れるように寄り添う」という企業理念の実現をめざし、革新的で卓越したサービスの提供に努めてまいります。

福井センター 概要

名称   :アクサ損害保険株式会社 福井センター
所在地  :福井県福井市大手3-4-1 福井放送会館4-5階
社員数  :246人(正社員218人、契約社員28人 2019年12月現在)
稼働開始日:2019年12月9日(月)
延床面積 :2,201.08平方メートル

福井センター 開所式概要

日時:2019年12月20日(金)13:00~14:00
場所:福井県福井市大手3-4-1 福井放送会館4階
内容:・ご挨拶
    アクサ損害保険 代表取締役社長兼CEO ハンス・ブランケン 挨拶
    福井市長 東村新一様 ご挨拶
    福井県産業労働部 副部長 小浦克之様 ご挨拶
   ・テープカット
   ・事業説明
    - 福井における組織変革、採用戦略
    - 新オフィスデザインコンセプト 等
     登壇:アクサ損害保険 福井センター長 木村淳
        アクサ損害保険 人事本部 シニアファシリティマネージャー 竹澤知江子
   ・質疑応答
   ・オフィス見学

アクサ損害保険について

アクサ損害保険株式会社は、1998年に設立され、翌年7月より営業を開始し、現在は主に自動車・バイク保険、ペット保険を販売しているAXAのメンバーカンパニーです。個人のお客さまを対象とした「アクサダイレクト総合自動車保険」は好調な売上を続け、保有契約件数は110万件を超えています。
URL: https://www.axa-direct.co.jp

AXAグループについて

AXAは世界63ヶ国で17万1,000人の従業員を擁し、1億500万人のお客さまにサービスを提供する、保険および資産運用分野の世界的なリーディングカンパニーです。国際会計基準に基づく2018年度通期の売上は1,028億ユーロ、アンダーライング・アーニングスは62億ユーロ、2018年12月31日時点における運用資産総額は1兆4,238億ユーロにのぼります。AXAはユーロネクスト・パリのコンパートメントAに上場しており、AXAの米国預託株式はOTC QXプラットフォームで取引され、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)やFTSE4GOODなどの国際的な主要SRIインデックスの構成銘柄として採用されています。また、国連環境計画・金融イニシアチブ(UNEP FI)による「持続可能な保険原則」および「責任投資原則」に署名しています。
※上記のAXAグループ数値は2018年度のもの