ケース別 相続で困らないための家族信託超基本 キンドル電子書籍ストアで配信開始

新しい財産の渡し方・残し方入門の入門!

家族信託は2007年に作られた比較的新しい制度。
財産をわたす側にとって自分の意向が反映されやすい制度として注目されている。
その一方で認知症対策はもちろん、資産承継対策、事業承継対策として活用されている。

しかし、完全無欠ではなく実際は遺言と併用されたり、
相続税に関連して税務的なところにも注意も必要になってくる。
金融機関とのやり取りも発生する。
本企画では20以上の事例ケースをもとにマンガと図解を交えながら
「家族信託」の基本からその活用方法について手取り足取り初心者でもわかるように解説していく。
10ページの巻頭マンガ「『家族信託』って何だ?」付き。

管理・処分する「最後の手段」事例18と留意点
・争続防止
・自社株の継承
・認知症対策
・資産凍結回避
・子の財産管理
など

■目次

・巻頭マンガ「家族信託」って何だ?
・はじめに

●1章 家族信託の基礎知識
・1 家族信託の概要と背景を知っておこう
 高齢化社会にマッチした制度

・2 信託の仕組みを理解しよう
 委託者・受託者・受益者の関係
 残余財産受益者と帰属権利者

・3 信託のしくみを理解しよう
 契約信託・遺言信託・自己信託

・4 家族信託には4つの特徴がある
 ①認知症対策になる
 ②議決権行使お指図権を設定できる
 ③資産継承先を何代か先まで指定できる

・5 受託者の権限とはどんなもの?
・6 成年後見制度と家族信託の違いを知っておこう
・7 遺言と家族信託の違いを知っておこう
・8 家族信託にはデメリットもある

●2章 家族信託で知っておきたいこと

●3章 認知症対策としての家族信託

●4章 資産継承対策としての家族信託

●5章 事業継承対策としての家族信託

●6章 家族信託に関わる税金と優遇制度

●7章 気になる疑問を解決しよう