「熊本ナボナ和栗とバター」ご好評に感謝を込めて!Twitter&Instagramプレゼントキャンペーン実施

直販28店舗(東京・神奈川)にて11月30日まで『和栗フェア』も開催中

株式会社亀屋万年堂(本社・工場:横浜市都筑区)は、熊本県産和栗を使用した「熊本ナボナ 和栗とバター」を2022年11月1日(火)より直販店舗(東京・神奈川28店舗)及び公式オンラインショップにて販売しております。発売以来、多くのお客様にお召し上がりいただき、ご好評をいただいております。

熊本ナボナ 和栗とバター
熊本ナボナ 和栗とバター

◆熊本ナボナ 和栗とバター
ほろりとほどける食感とじゅわっとバターのとろける口溶け。熊本県産和栗をふんだんに使用し、上品な甘さと濃厚な栗の香りが際立つ、極上のあんバターナボナです。贈り物にも最適です。
【販売価格】1個 216円(税込)
【販売期間】11月1日(火)~1月上旬頃

『和栗フェア』では熊本県産の大粒和栗を使用した「和」と「洋」の大福も限定販売

亀屋万年堂直販店舗では熊本ナボナの販売に合わせて『和栗フェア』を開催中!
熊本県大粒和栗を贅沢に一粒使用した2種類の大福を販売しております。

大粒和栗大福
大粒和栗大福
和栗のモンブラン大福
和栗のモンブラン大福

◆大粒和栗大福
熊本県産和栗ペーストを白あんよりも多く使用し、濃厚で風味豊かな栗あんに仕上げました。餅生地は和栗の存在感を存分に感じられるようにしっかりとした食感に。栗以上に栗らしい、和の贅沢大福です。
【取扱い店舗】亀屋万年堂直販(東京・神奈川)28店舗

◆和栗のモンブラン大福 (要冷蔵品)
大粒の渋皮和栗を一粒まるごと使用。和栗あんにホイップクリームを合わせた、なめらかな和栗クリームを、マロン風味のやわらかな羽二重餅で包みました。洋風の贅沢大福です。
【取扱い店舗】亀屋万年堂直販店舗(東京・神奈川)限定19店舗

ご好評に感謝を込めて!Twitter&Instagramにてプレゼントキャンペーンを実施!

11月12日12時~11月19日12時までの期間で、「熊本ナボナ和栗とバター」ご好評に感謝を込めてTwitter&Instagramにてプレゼントキャンペーンを実施します。
Twitter「フォロー&リツイート」、Instagram「フォロー&いいね」で抽選で1名様ずつ、合計2名様に熊本ナボナ和栗とバターの入った「あんバターナボナ詰合せ12個入」をプレゼント!
まだ食べたことのない方は、この機会にぜひご応募ください。

商品情報

【商品名】熊本ナボナ 和栗とバター
【販売価格】1個 216円(税込)
【特定原材料(7品目)】乳・小麦・卵
【カロリー】1個あたり231㎉ 
【販売期間】11月1日(火)~1月上旬頃
【販売店舗】亀屋万年堂 直販28店舗 (東京・神奈川) / 公式オンラインショップ

【商品名】大粒和栗大福
【販売価格】1個 324円(税込)
【特定原材料(7品目)】特定原材料7品目を含まない
【カロリー】1個あたり190㎉ 
【販売期間】11月1日(火)~11月30日(水)
【取扱い店舗】亀屋万年堂直販28店舗 (東京・神奈川)

【商品名】和栗のモンブラン大福 (要冷蔵品)
【販売価格】1個 291円(税込)
【特定原材料(7品目)】乳
【カロリー】1個あたり198㎉ 
【販売期間】11月1日(火)~11月30日(水)
【取扱い店舗】亀屋万年堂直販店舗(東京・神奈川)限定19店舗
自由が丘駅前店/用賀店/池上店/矢口渡店/雑色店/雪が谷店/戸越銀座店/旗の台店/阿佐ヶ谷店/武蔵境店/新城店/丸井溝口店/桜新町店/市ヶ尾店/センター北店/綱島店/中山店/妙蓮寺店/横浜工場売店

※2022年11月12日現在の情報です。最新の情報は亀屋万年堂公式HPをご確認ください。

会社概要

【会社名】株式会社亀屋万年堂
【創業】昭和13年12月18日
【資本金】2600万
【本社・工場】横浜市都筑区折本町470番地
【社員数】230名
【事業内容】和洋菓子製造・販売
【店舗】東京・神奈川28店舗
【URL】https://www.navona.co.jp/

昭和13年に東京・自由が丘の地で創業して以来、お客様に親しまれるお菓子作りをモットーに、地域の皆様と共に歩んで参りました。昭和38年には王貞治氏のCMでおなじみの「お菓子のホームラン王・ナボナ」を発売。伝統を大切にする和の佳き心と、現代風の好みに合わせた洋のセンスが織りなす当社の代表商品でございます。私どもが大切にするのはお菓子を通じて心の豊かさを伝えていくことです。 笑顔・憧れ・夢といった感動を創造すること、季節のご挨拶や地域・家庭内の行事等人と人との和を育むお手伝いをさせていただくこと、今までもこれからも変わらぬ私どもの誓いです。創業百年に向け変わらぬ想いを貫きつつも、時代に沿った新しい価値をお届けできますよう、伝統を磨き上げて参ります。