国連UNDP主導のSDGsの世界環境サミットでエンタメ界のGOD登壇!ゲストシンガーSIZUKU登場!

2016年1月から始まったSDGsは、2030年までUNDP国連の主導的開発機関として、約170の国と地域での活動を通じ、SDGsの達成に貢献できるようなマニュフェストで貧困の軽減や平和構築また気候変動と災害リスクそして経済的な不平等という分野に重点を置きUNDPは各国政府に対し、SDGsを国家開発計画と政策に統合するため将来の世代によりよい地球を残そうとしています。

そんな時、新型コロナウイルスの影響で、2020年3月以降、人の動きやモノの動きが世界中で止まり、緊急事態宣言により世界は自粛モードになりました。

幕張メッセや東京ビッグサイトなど大きなコンベンションホールもイベント中止になった事で、大規模な展示会を自宅のネット上で行おうと考えたグループがいます。

しかもテーマは、世界各国のSDGs持続可能な開発目標を掲げて世界環境のためにも、企業に発表の場を提供し、ネット上で3日間、ZOOMなどのオンラインシステムを使って構築し、各企業ブースでライブ配信を行い世界中の企業と人々にPRできる世界初の試みで一般視聴者は世界中から集まった出展企業によるライブ配信を無料で視聴しました。

世界環境サミットの実行委員会は2020年4月29日から3日間開催され、世界でSDGs実現に向けて精力的な活動を展開している有名企業や優れた技術を持つベンチャー企業を中心に計40社が企画に賛同した。その中でも世界のエンターテインメントをリードするゴッドワールドエンターテインメント代表のGODが登壇した1時間のトークは4月29日17時~18時、この日の最後(7番目)にGODが登壇した模様がZOOMで世界配信されました。

世界環境サミットプレゼン資料
世界環境サミットプレゼン資料

代表GODがまだ十代の時「KAZUKI」という名前で歌手活動をしていた事や長年ゴーストライターとしてハリウッドや日本で裏のヒットメーカーだった事、小室哲哉が逮捕された時に小室と所属契約を交わしていた事務所の総合プロデューサーとして芸能ワイドショーに10本以上出演したが、そのあと大人の事情で一旦芸能界から去り、歴史小説作家として「信長は生きていた」や「平将門首塚の謎」などを執筆、コンビニに置いてある月刊紙8冊のレギュラー連載をしていた事などを紹介した。

その後、2016年3月30日にユニバーサルミュージックからGODがプロデュースしたSIZUKUがメジャーデビューしたデビュー曲は2015年ロスのジャパンエキスポのテーマソング「HAPPY HAPPY WORLD」だった。2016年には約30万人を動員したロスのアニメエキスポで、あのディズニー映画「ベイマックス」の原作者ダンカン・ルーローがGODとSIZUKUの出展ブースに遊びに来てくれた。

2017年には韓国のプレスセンターで日本と韓国の合同事業記者会見を行いSIZUKUが日本語で歌い、その後、釜山で日韓合作動物愛護映画「神様がくれたLUKA」の制作発表を行いました。この映画の総合監督をGOD、韓国側の監督にはキム・サンス・オスカー、ヒロインはSIZUKU、韓国側のヒロインは子役のキム・エイミです。その後、釜山で映画がクランクインしました。

GOD著書
GOD著書
JAPAN EXPO
JAPAN EXPO
SIZUKU(左) ダンカン・ルーロー(中央) GOD(右)
SIZUKU(左) ダンカン・ルーロー(中央) GOD(右)
日本と韓国の合同事業記者会見
日本と韓国の合同事業記者会見
日韓合作映画制作発表
日韓合作映画制作発表
GOD、SIZUKUとGODファミリー
GOD、SIZUKUとGODファミリー
SIZUKU(左) キム・エイミ(右)
SIZUKU(左) キム・エイミ(右)

次にGODが仕掛けたのは令和元年5月1日徳川家公認ユニット「徳川静華と徳川姫殿劇団」をクラウン徳間ミュージックからメジャーデビューさせた。徳川静華とはSIZUKUの別名です。この曲は2020年東京オリンピック&パラリンピックの応援歌でもあり、このユニットは「湘南ひらつか七夕まつり」にゲスト出演したり、全国のカラオケ雑誌「カラオケ伝言板プラス」の8月号の表紙を飾りました。

キャラクター部門では火星人の赤ちゃんをイメージした「いじけむし」を「Mars Baby」に改名しました。ハリウッド映画ゴーストバスターズの主題歌を歌って世界的に大ヒットした「レイ・パーカーJr.」が名付け親であるMars Babyは愛情のIがシンボルで徳川家と組む場合は徳川の葵の家紋が入った世界初の徳川家紋キャラクター「徳川火星赤ちゃん」として登場します。このように弊社の事業実績の歴史を説明しながら最新情報につなげていきました。

2020年2月14日バレンタインデーに劇場公開した映画「バイバイ、ヴァンプ!」のプロデューサーとして、またSIZUKUが歌うこの映画のエンディングテーマ「FANTASY MAGIC」の作詞・作曲をしたのは代表のGODです。

この日、世界配信イベントの最後を飾ったのがSIZUKUが歌う2曲で、1曲目は「FANTASY MAGIC」聴く人を素敵な夢のファンタジーな世界に連れて行きます。そしてトリになった楽曲は来年劇場公開予定の映画「神様がくれたLUKA」の主題歌「LUKAと私のForever Story」で聴く人を感動させた。

GODがプロデュースするSIZUKUや徳川静華と徳川姫殿劇団から目が離せない!

カラオケ伝言板プラス紙面
カラオケ伝言板プラス紙面
SIZUKU(左)レイ・パーカーJr.(中央) Mars Babyを持つGOD(右)
SIZUKU(左)レイ・パーカーJr.(中央) Mars Babyを持つGOD(右)
映画「バイバイ、ヴァンプ!」ポスター
映画「バイバイ、ヴァンプ!」ポスター