『誰も教えてくれなかった「離婚」しないための「結婚」の基本』KADOKAWAより4月30日発売

3000人の離婚相談に乗った弁護士、後藤千絵さんが失敗しない結婚相手の選び方を伝授

年間300件以上、ほぼ毎日離婚の相談を受けている弁護士、後藤千絵さんが、「絶対にパートナーにしてはいけない人」を見抜くポイント、幸せなカップルに共通した「パートナー選び」の法則を、実際の相談者のケースをもとに著した『誰も教えてくれなかった「離婚」しないための「結婚」の基本』がKADOKAWAから4月30日に出版されます。
離婚相談者の多くは「こんなはずじゃなかった」「幸せな結婚生活を送るはずだったのに」「できれば結婚前に戻って結婚相手を選び直したい」と口にするそうです。
それを聞いて「結婚前に的確なアドバイスや情報があれば、この離婚は避けられたのに」と、もどかしい気持ちを持ってきた後藤弁護士が、離婚を避け、結婚前にきちんとパートナーを選ぶために押さえるべきポイントや気を付けることをまとめたのが本書です。
性格の不一致・金銭感覚の不一致・モラハラ・DV・不倫・性的不調和・酒乱などの離婚原因につながる「結婚してはいけない人」の危ない特徴を、弁護士としての実務経験から具体的に列挙。また、「失敗しないパートナー選び」のチェックポイントも挙げ、「この人でいいの?」と迷ったときにどの項目からでも読めるようになっています。
コロナ禍でSNSやアプリを通じて結婚をする人も増えています。
少しでも離婚リスクを減らし、ベストパートナーと結婚できる女性が増えるように、後藤弁護士がこれまでの知見を濃縮した婚活に役立つ1冊です。

【目次】
第1章 3組に1組が別れてしまう「離婚の真実」
第2章 女性が離婚を考える8つの原因
第3章 ここを見れば分かる!「結婚してはいけない人」の危ない特徴
-モラハラ・DV・浮気性・金銭感覚の不一致・マザコン・性的不調和・酒乱・束縛系男子
第4章 失敗しないパートナー選び「5つの法則」
第5章 ベストパートナーになるために-7つの秘訣

【著者*後藤千絵(ごとうちえ)プロフィール】
京都府出身。大阪大学文学部卒業後、大手損害保険会社に入社するも、5年で退職。大手予備校での講師職を経て、30歳を過ぎてから法律の道に進むことを決意。派遣社員やアルバイトなどさまざまな職業に就きながら勉強を続け、2008年に弁護士になる。

2017年にスタッフ全員が女性であるフェリーチェ法律事務所設立。
離婚・DV・慰謝料・財産分与・親権・養育費・面会交流・相続問題など、家族の事案をもっとも得意とする。中でも離婚案件は女性を中心に、年間約300 件以上、のべ3000 人以上の相談に乗っている。神戸在住。

【書籍情報*『離婚しないための「結婚」の基本~女性弁護士が3000 人の離婚相談で見つけた「パートナー選び」の絶対法則~』
■発売日:2021年4月30日
■出版社 : KADOKAWA
■発売日 : 2021/4/30
■単行本 : 248ページ
■定価:1,300円+税
■ISBN : 978-4046051219