子方も活躍!親子三代の共演 初心者にもおススメの河口湖ろうそく能 カンフェティでチケット発売

蒼能会主催、『第24回 河口湖ろうそく能』が2023年11月25日 (土)に勝山ふれあいセンター(山梨県南都留郡富士河口湖町勝山4029-5)にて上演されます。
チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 大剛)にて発売中です。

カンフェティにてチケット発売中
http://confetti-web.com/sounoukai
公式ホームページ
https://www.kawaguchiko-rousokunoh.com

地元の皆様に支えられて、第24回 河口湖ろうそく能が、11/25(土)勝山ふれあいセンターさくやホールで上演されます。主な出演者は、親子三代で、東京はじめ、山梨県でも活躍している角当行雄、角当直隆、角当美織の他、大藏基誠、山中迓晶。

第一部

講演「牛若→義経」

山中迓晶

仕舞「八島」

角当行雄

第二部

狂言「雁礫(がんつぶて)」

大藏基誠

大名が弓矢の稽古に近くの池で雁を射ようと狙っていると、通りかかった者が小石を投げて撃ち落としてしまう。男が雁を拾っていこうとするので、大名は自分が大雁股で狙い殺したものだから置いて行けと弓矢で脅す。仲裁人が事情を聞き、大名にもう一度射させることにする。大名は失敗し、男にせめて羽根をくれと追いかけていく。(能・狂言事典)

能「橋弁慶」

角当直隆 角当美織

ある日弁慶は従者から、最近五条橋にふしぎな少年が現れて人を斬るといううわさを聞き、退治に出かける。少年というのは牛若で、母の言いつけで明日は鞍馬寺に入る手はずなので、今夜がなごりだからと五条橋に出かける。すると物々しい姿の弁慶が大薙刀をかついで現れたので、牛若はいたずらっぽく弁慶にからむ。そこで二人の決闘が始まるが、目まぐるしく動く牛若の早業に、弁慶の豪勇も抗しきれず、薙刀を撃ち落とされてしまう。降参した弁慶は少年が源牛若と聞いて主従の約束を結ぶ。(能・狂言事典)
子方が活躍する人気曲で、初心者の方にも大変わかりやすい演目です。

主な出演者プロフィール

角当行雄
角当行雄

角当行雄

昭和15年生まれ
観世流(梅若) 能楽師 シテ方
重要無形文化財総合指定保持者
昭和29年山口直知師に師事
後に、55世梅若六郎師、56世梅若六郎(現:梅若桜雪)師に師事
緑鈴会主宰
一般社団法人鸞ノ会代表理事
富士吉田梅若薪能 実行委員会副委員長
河口湖ろうそく能 蒼能会前代表

角当直隆
角当直隆

角当直隆

昭和43年生まれ
観世流(梅若) 能楽師 シテ方
重要無形文化財総合指定保持者
昭和62年 56世梅若六郎(現:梅若桜雪)師に師事
緑皇会主宰
一般社団法人鸞ノ会理事
河口湖ろうそく能 蒼能会代表

角当美織
角当美織

角当美織

平成25年生まれ
観世流(梅若) 能楽師 シテ方(子方)
56世梅若六郎(現:梅若桜雪)師、角当行雄(祖父)、角当直隆(父)に師事
平成28年仕舞「老松」で初舞台。令和3年 能「吉野天人」で初シテ。
梅若会定式能をはじめ、川崎市定期能、富士吉田梅若薪能、河口湖ろうそく能、鸞ノ会など多数出演。

公演概要

蒼能会『第24回 河口湖ろうそく能』
公演期間:2023年11月25日 (土)
会場:勝山ふれあいセンター(山梨県南都留郡富士河口湖町勝山4029-5)

■出演者
角当行雄、角当直隆、角当美織、山中迓晶、大藏基誠、大藏康誠、吉田信海、大藏教義、上田圭輔 他

■主催
蒼能会、角当直隆

■助成
(公財)やまなみ文化基金、(公財)粟井英朗環境財団

■後援
富士河口湖町、富士河口湖町教育委員会、富士河口湖町文化協会
富士河口湖町観光連盟、鳴沢村教育委員会
山梨日日新聞、山梨放送、河口湖ショッピングセンターベル
富士の国やまなし通訳案内士会 緑鈴会 緑皇会

■協力
河口湖ステラシアター

■公演スケジュール
2023年11月25日(土)
<開場>14:30
<開演>15:00
<終演予定>17:30

■チケット料金
全席自由:3,000円(税込)
<カンフェティ限定!割引席>
1,000円割引! →  2,000円!
(全席自由・税込)

Traditional Japanese Stage Art, Noh Performance
The 24 th Kawaguchiko Rousoku Noh

Date & Time: Saturday, November 25, 2023
The door opens at 2:30 p.m. and the performance starts at 3:00 p.m.
Venue: “Sakuya Hall “at Katsuyama Fureai Center   1029-5 Katsuyama, Fujikawaguchiko Town
Admission: \3000  All seats are unreserved.

Program:
Part 1
①The Guidance on Noh “ Ushiwaka and Yoshitsune” by Gashou Yamanaka
②Shimai “Yashima”  Noh dance performed by Yukio Kakutou

Part 2
①Kyougen ”Gantsubute“ performed by Motonari Okura, Yasunari Okura and Shinkai Yoshida
Explanation of the program Kyougen “ Gantsubute(Throw a small rock at a wild goose)”
A feudal lord is aiming to shoot a wild goose at a nearby pond to practice archery when a passerby throws a small rock at it and shoots it down. As the man tries to pick up the goose, the feudal lord threatens him with his bow and arrow, telling him to leave it behind as he had killed it himself by aiming at it with his arrow. An arbitrator hears what happened and decides to let the feudal lord shoot again. The feudal lord fails and chases after the man, asking him to at least give a feather.
② Noh “Hashi Benkei” performed by Naotaka Kakutou and Miori Kakutou
Explanation of the program Noh “Hashi Benkei ( Benkei on the Bridge)”
One day Benkei hears a rumor from his servant that a mysterious boy has recently appeared on Gojyo Bridge and has been slaying people, so he sets out to defeat the boy. The boy, whose name is Ushiwaka, is supposed to enter Kuramadera Temple tomorrow, according to his mother’s instructions, and he goes to Gojo Bridge tonight because it is the only time he has left before entering the temple.
When he arrives at the bridge, Benkei appears in all his pompous glory carrying a large naginata sword, and Ushiwaka mischievously engages Benkei.
A duel begins between the two, but Benkei’s bravery is no match for Ushiwaka’s fast and agile movements and Benkei’s naginata sword is struck down. Benkei surrenders, and when he learns that the boy is Minamoto no Ushiwaka of noble birth, he makes a promise of fidelity to him.

Ticket Purchase:
Tickets are available from September 27 (Wed.) by visiting Shopping Center Bell or Confetti
http://confetti-web.com/sounoukai
Inquiry: Contact Yuko Matsukawa at yukom@gray.plala.or.jp


AIが記事を作成しています