劇団東俳が手掛ける若手俳優のための企画公演 劇・若竹 第3回公演『激流ノ果テ』上演決定 カンフェティでチケット発売

劇団東俳(代表:藤野珠美)企画・制作、劇・若竹 第3回公演『激流ノ果テ』が2022年9月23日 (金・祝) ~2022年9月25日 (日)に座・プロローグ(東京都豊島区駒込1-37-1劇団東俳本社ビル 地下1階)にて上演されます。
チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 大剛)にて発売中です。

カンフェティにてチケット発売中
http://confetti-web.com/gekiryunohate

公式ホームページ
https://g-tohai.co.jp/2022_wakatake/
Twitter(@geki_wakatake)
https://twitter.com/geki_wakatake

劇団東俳では、⾃主公演として年に数本の本格的な舞台公演を⾏ってきました。
そのノウハウを⽣かし、2020年12⽉に劇団東俳が制作する舞台として「劇・若⽵」公演が旗揚げとなりました。
今回は第3回公演となります。

【公演内容】
昨日も空襲があった。
逃げ惑う人達の中、必死に小倉の高台を駆け上がった。
翌日、目を覚ました私は様々な事を忘れていた。
自分の名前も、小さい頃から面倒を見てくれた皆の事も、昨日空襲に遭った事も・・・。
これは終戦間際を生きた“戦争を忘れた私”の記録。
<第34回池袋演劇祭参加作品>

劇・若竹 とは

劇団東俳では研究生のスキルアップの為、自主公演として年に数本の本格的な舞台公演を行ってきました。
そのノウハウを生かし、2020年12月に劇団東俳が制作する舞台として「劇・若竹」公演が旗揚げとなりました。
若竹という公演名は、製作である藤野が「生命力溢れる竹のように地面にしっかりと根をはり、どんな困難にもめげずに青空に向かって、ひたすらすくすくと伸びていく若者たち」をイメージして名付けました。

公演概要

劇・若竹 第3回公演『激流ノ果テ』
公演期間:2022年9月23日 (金・祝) ~2022年9月25日 (日)
会場:<劇団東俳併設劇場>座・プロローグ(東京都豊島区駒込1-37-1劇団東俳本社ビル 地下1階)

■出演者
深沢優希 / 史歩 / 植野瑚子 / 関修人 / 三谷貫太 / 師岡紗帆 / 保坂真隆 / 高木朋広(※高ははしごだか) / 小野静香 / 佐藤吏紗 / 鬼澤怜未 / 西谷名央 / 木村日鞠 / 金井晶 / 神津さくら / 中島明子

■スタッフ
製作:藤野珠美
作・演出:高橋智也
装置:東俳工房
音響:東俳音響部
照明:東俳照明部
衣装:コスチューム東俳
宣伝:小原夏輝
演技事務:仲澤亜希子
制作:緒形祐二郎

■公演スケジュール
9月23日(金祝)13:30/17:30
9月24日(土) 13:30/17:30
9月25日(日) 13:30/17:30
※開場は、開演の30分前

■チケット料金
前売:4,500円
当日:5,000円
(全席指定・税込)