女性のキャリアに、「就農」という選択肢をもっと広めたい! 女性が活躍する農業現場を取材するWEBメディア「me &Agri」をリリース

株式会社マイファーム(京都府京都市、代表取締役:⻄辻 ⼀真)は、令和3年度農林水産省補助事業「女性の就農環境改善緊急対策事業」の実施事業者として、9月13日に、女性と農業が出会うきっかけづくりを行うWEBメディア「me &Agri」を立ち上げました。
今後、自然・食・地域で生きることに興味をもつ女性が、「仕事としての農業、いいかも!」と思えるような、就農した女性の農業とのかかわり方の紹介や、農業を仕事にする魅力を紹介する記事を掲載します。
生産だけでなく加工品づくりで活躍する女性農業者や、女性が活躍する農業現場の経営者インタビューなど、女性が農業の現場でどのように輝いているのかを紹介し、キャリアの選択肢として農業を考えるきっかけをつくります。

■「me &Agri」Webサイト

「me &Agri」立ち上げの背景

女性の基幹的農業従事者は、この10年間で約4割減少していることに加え、次世代を担う40代までの若い女性農業者の減少率は男性農業者より高くなっています(※)。このため、女性の農業への呼び込みや定着を進めていく必要があります。
一方、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、リモートワークなどが広がり、働く場所にこだわらず仕事ができるようになりました。それに加え、自然に近いところで作物を育てる喜びとともに暮らしたい、子どもや家族に安全で新鮮な野菜を食べてもらいたい、地域とのつながりを大切にできる仕事がしたい。そういった願いをもつ女性たちにとって、就農がひとつの選択肢として、再び選ばれ始めています。さらに就農後も、生活者ならではの視点を活かして活躍している女性農業者もたくさんいます。
マイファームは、もっと多くの女性に農業の魅力、就農のおもしろさを知ってもらうべく、本メディアの立ち上げを行います。

※ 出典:農林水産省「令和3年農業構造実態調査」、「2010年世界農林業センサス」(組替集計)

「me &Agri」概要

「me &Agri」では、女性が農業を仕事にし、さまざまな経験やスキルを使って活躍する様子をインタビュー記事を通して発信していきます。取材先は、株式会社ゆうぼく、寺田農園、ベルセゾンファームほか、約18の農業経営体・個人事業主。異業種からの転職就農、未経験からの就農、結婚就農など、農業に携わるきっかけはそれぞれで、生産、加工、販売、また農業経営に係る業務や、地域コミュニティとの活動など、品目や地域によって業務もさまざま。
今までの経験やスキルだけでなく、生活者としての視点と感覚を活かしながら、思いをもって活動されている方々を取材することで、これまで農業にかかわる仕事のイメージがつかなかった読者に、「こういう仕事もあるんだ!」と思ってもらうことを目指しています。


株式会社マイファーム

本社所在地:〒600-8216京都府京都市下京区東塩小路町607番地 辰己ビル1階
代表者  :代表取締役 西辻 一真
設立日  :2007年9月26日
資本金  :100,000,000円
事業内容 :耕作放棄地の再生及び収益化事業/体験農園事業(貸し農園、情報誌の発行)
農業教育事業(社会人向け新規就農学校、農業経営塾)/農産物生産事業および企業参入サポート
流通販売事業(農産物の中間流通・通信販売)
URL:https://myfarm.co.jp/