八尾市と近畿大学理工学部が連携協定を締結 社会基盤施設の技術的な課題解決に向けて 3/18(金)調印式を開催

八尾市と近畿大学理工学部(大阪府東大阪市)は、平成28年(2016年)3月18日(金)、道路や橋梁などの社会基盤施設の維持管理・更新(メンテナンス)における予算や人員、技術的課題に関する問題解決や研究推進を目的とした連携協定を締結し、八尾市役所にて調印式を行います。

【本件のポイント】
●社会基盤施設の維持管理・更新の推進や老朽化対策の研究発展に寄与
●官学連携による人的・知的交流を促進
●学生の職場体験、行政課題に対する研究活動にも連携

【本件の概要】
八尾市においては、土木施設の老朽化による重大な事故の発生リスクや、大規模な修繕・更新が一時的に集中することを懸念しており、限られた財源と人材のなか、メンテナンスサイクルを持続的に回す効率的・効果的な仕組みを構築することにより、これら行政課題の解決に積極的に取り組んでいきたいと考えています。

これら行政課題を解決することを目的として、これまで同市の橋梁長寿命化修繕計画の策定や現地での具体的な技術的課題や問題解決への提言を行ってきた近畿大学理工学部と八尾市は連携協定を締結し、調印式を開催します。

本協定により、官学連携での人的・知的交流を促進し、地域の近隣市町村における安全・安心な社会基盤構築のための活動に積極的に取り組んでいきたいと考えています。

■日 時:平成28年(2016年)3月18日(金) 15:00~15:30
■会 場:八尾市役所本館5階 秘書課内
    (大阪府八尾市本町1丁目1番1号、近鉄大阪線「近鉄八尾」駅から徒歩7分)
■出席者:[八 尾 市]  市長 田中誠太(たなかせいた)、副市長 山本裕三(やまもとゆうぞう)、
           副市長 平野佐織(ひらのさおり)
     [近畿大学] 理工学部長 藤原尚(ふじはらひさし)、
           社会環境工学科長 岡田昌彰(おかだ まさあき)
           教授 米田昌弘(よねだ まさひろ)、准教授 東山浩士(ひがしやま ひろし)、
           事務長 植田昌伸(うえだ まさのぶ )

【本件の背景】
平成26年(2014年)4月14日、国土交通省における社会資本審議会(道路分科会)において、「道路の老朽化対策の本格実施に関する提言」が示されたことにより、目指すべき方向性として、本格的にメンテナンスサイクルを回すための取り組みに着手することになりました。また、道路法(平成25年9月2日施行)、及び道路法施行規則(平成26年7月1日施行)の改正により、点検基準が法制化され、道路や橋梁などのメンテナンスを継続的に実施することが、自治体などの道路管理者の責任として義務化されました。

道路管理者が管理する土木施設は、老朽化により重大な事故の発生リスクが高まるのはもちろんのこと、大規模な修繕や施設更新が一時的に集中する恐れがあります。このことから、土木施設の維持管理・更新をいかに計画的に効率よく実施していくかが、道路管理者の重要な課題となっています。これらの行政課題の解決に取り組むためには、今まで以上に官学が連携したリソース(予算・人材・技術)の活用が期待されています。

【八尾市】
八尾市は、大阪府の中央部の東寄りに位置し、西は大阪市、北は東大阪市、南は大和川 を境にして松原市、藤井寺市、柏原市、東は生駒山系を境にして奈良県と接しています。

また、市内には、恩智川(おんち がわ)、楠根川(くすね がわ )、第ニ寝屋川、平野川などの一級河川のほか、玉串川(たまくし がわ)、長瀬川など、多くの中小河川・水路が流れています。このことから、大阪府内でも管理橋 梁数が多く、橋梁をはじめとする膨大な土木施設の維持管理・更新は大きな行政課題とな っています。
■八尾市:人口268,814人/面積41.72km2(平成28年2月時点)

【近畿大学理工学部(社会環境工学科)】
近畿大学理工学部は、理学科(数学コース・物理学コース・化学コース)、生命科学科、応用化学科、機械工学科、電気電子工学科、情報学科、社会環境工学科の7学科より構成され、理学と工学の基幹分野を全て備えています。

本取り組みの中心となる社会環境工学科は、市民が安全・安心に暮らすための社会基盤の整備や維持管理を通して、社会貢献できる建設技術者を育成する学科です。近年、地震や風水害などの自然災害の多発により、自然災害や健全な社会基盤に対する市民の意識が高まったことで、本学科においても、社会環境分野へ貢献できる人材の輩出が求められています。本学科で学ぶ学生は、卒業後、国・府県・市町村などの上級職公務員や総合建設業へと就職するほか、設計会社・道路や鉄道系企業などで活躍し、安全・安心な社会基盤の構築に貢献しています。
■理 工 学 部:在籍学生数4,416人/専任教員数161人(平成28年2月時点)
■社会環境工学科:在籍学生数314人/専任教員数13人(平成28年2月時点)

【関連リンク】
近畿大学理工学部 応用化学科 教授 藤原尚
http://www.kindai.ac.jp/meikan/335-fujihara-hisashi.html
近畿大学理工学部 社会環境工学科 教授 岡田昌彰
http://www.kindai.ac.jp/meikan/529-okada-masaaki.html
近畿大学理工学部 社会環境工学科 教授 米田昌弘
http://www.kindai.ac.jp/meikan/533-yoneda-masahiro.html
近畿大学理工学部 社会環境工学科 准教授 東山浩士
http://www.kindai.ac.jp/meikan/535-higashiyama-hiroshi.html

八尾市 近畿大学
八尾市 近畿大学
近畿大学理工学部と八尾市が老朽化した橋梁を点検する様子
近畿大学理工学部と八尾市が老朽化した橋梁を点検する様子