コンタクトセンター向けアナリティクスの市場規模は2030年に71億米ドルに達すると予測-最新予測

コンタクトセンター分析の世界市場は、2022年から2030年の予測期間中に複合年間成長率18.6%を記録し、2030年までに71億米ドルに成長すると予測されます。

コンタクトセンターにおけるアナリティクスとは、企業が自社の業務についてより深く知るために採用する手順や機器のことを指します。通話時間、従業員の生産性、顧客の満足度など、さまざまなサービス指標を追跡し、経営陣が改善することができます。

市場に影響を与える要因

人工知能(AI)、機械学習(ML)、音声分析、テキスト分析などの先端技術の導入が進み、企業のサービスに進歩をもたらす原動力となっています。さまざまなコンタクトセンターが、このような進化に対応するため、先進技術とアナリティクスの統合を始めています。さらに、コンタクトセンターのアナリティクスは、応答性の向上と迅速化を可能にし、一貫したサポートを可能にします。高度な分析技術以外にも、音声・テキスト分析、顧客分析、パフォーマンス分析、予測分析などのプロセスはすべて、ソフトウェアによるインタラクションのリアルタイム監視と分析を通じて強化することができます。これらすべての要因が、分析期間中のコンタクトセンター分析市場の成長に貢献すると考えられます。

Eコマース、銀行、その他様々な業界は、顧客との関係維持に大きく依存しているため、様々な企業が顧客満足度を優先しています。したがって、最先端のコンタクトセンター技術を組み合わせることで、増大する需要に対応するための悲惨な解決策となります。したがって、分析期間中にコンタクトセンター分析市場の採用を促進するでしょう。

地域別分析

2021年のコンタクトセンター分析市場の規模は、北米が1位をキープしているのに対し、アジア太平洋地域は最も有利な地域となっています。この市場の成長は、デジタル化の進展と、BFSIや小売業でのコンタクトセンター分析ツールの採用が進んでいることに起因しています。さらに、この地域にはさまざまな業界プレーヤーが拠点を置いています。その中には、Oracle Corporation(米国)、Genesys(米国)、Mitel Networks Corporation(米国)などが含まれており、市場の成長を増大させると予想されます。

また、アジア太平洋地域のコンタクトセンター分析市場は、急速に進む経済変革、グローバル化、デジタル化、クラウドプラットフォームのユーザー増加により、業界プレーヤーに有利な機会をもたらすと予測されています。

競合他社の分析

オラクル株式会社
ジェネシス
ナイス株式会社
ジェンパクト株式会社
ミテルネットワークス株式会社
SAP
8x8, Inc.
コールマイナー
Avaya Inc.
トークデスク
その他の主なプレイヤー

市場セグメント

コンポーネント別:(ソリューション、サービス)

デプロイメントモデル別:(オンプレミス、クラウド)

産業分野別:(BFSI、ヘルスケア、小売・Eコマース、政府・教育、IT・通信、旅行・接客業、その他)

地域別(北米、欧州、南米、アジア太平洋、中東、アフリカ)

レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bwcc1030

私たちに関しては:

私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。

【本件に関するお問合せ先】
E-mail:sales@reportocean.com
URL:https://reportocean.com/