なぜ、今「光触媒」が注目されているのか? 再び名を知られ始めている理由とは・・

コロナウイルスがもたらした我々への「影響」と「変化」

今、全世界で問題となっている「コロナウイルス」は我々人間にとてつもない大きなダメージを与えてきた。

従来までの「生活」や「仕事」など身の回りで様々な「変化」が起きている。
それに伴い、「3密」を避ける為に人との集まりも難しい時代となってしまった。

今後、私たちは「安全なワクチン」な必要となるが、全人口へのワクチン投与となるとこれからまだまだ長期戦となりそうだ。

「光触媒」の名が再び広まり始めた

ワクチンがなくとも「抗菌・抗ウイルス」の対策をしていかなければいけないこの世の中、優れた機能を持つ「光触媒(ひかりしょくばい)」が、いま再び日本で名を知られ始めている。

【光触媒とは?】
光触媒の一番の特徴は、物質自体は「変化せずに」光の力によってウイルスや菌を「分解し続ける」というのが一番の特徴だ。

つまり、光触媒自身は有害物質に汚染されず、有害物質を「無害物質」へと分解させ続ける事ができるという事である。植物の光合成とよく似た現象だ。

光触媒を一度コーティングすると、コーティングが剥がれない限りは効果を発揮し続けるという。

光触媒塗料の中でも見分けて厳選をしよう

今年2020年3月頃からアメリカのカリフォルニア大学を初め、世界各国で「銅」がコロナウイルス の不活性化に作用すると発表されて来ていたが、

今年10月に、とうとう国内でも某大学や研究所が「光触媒」が「コロナウイルス不活性化」に効果があるという事が発表された。

その発表と同時に、昨今、様々な「光触媒」の製品が増え続けている。

光触媒塗料を取り扱いを検討の業者・企業の方々へ、塗料を決定する前に下記事項を必ず確認してみよう。

▶︎商品の成分は何が配合されているのか?
▶︎塗料の色は何色?透明であれば要注意。
▶︎商品にきちんとエビデンスはあるのか?
▶︎どこの誰が開発したのか?

塗料を取り扱うあなたが良い塗料を見定め責任を持ってお客様にお届けしなければいけないのだ。

弊社のハイブリッド光触媒塗料Cutalyst+(カタリスト)世界初技術<光触媒×銀×銅>

当社の塗料「Cutalyst+(カタリスト)」は世界初技術である「光触媒×金属銅(*銅イオンの源)×金属銀(*銀イオンの源)」が配合された光触媒コーティング塗料である。

従来の「光触媒」に「銀イオン(Ag+)」と「銅イオン(Cu2+)」が掛け合わされたハイブリッド光触媒塗料なので、「光」が無くても「銅」と「銀」の効果を発揮し続けるのだ。つまり、24時間効果を発揮し続ける画期的な光触媒塗料だ。

この塗料は北村透(きたむらとおる)日本建築防カビ協会理事長兼、ブルネイ大学教授が開発した塗料であり、この度のコロナウイルスをきっかけにではなく、3年前にこの製品を既に開発している。

「銅」と「銀」が配合されたことにより、従来までの光触媒のみの効果から、「抗ウイルス・除菌力」が数十倍の威力を発揮する。

【Cutalyst+の効果】
▶︎感染予防対策(ウイルス・菌)
▶︎除菌・ウイルス不活性化(除菌率99/99%・ウイルス不活性化)
▶︎抗菌・ウイルス(イオンフルエンザ・ノロウイルス・0-157・白癬菌など)
▶︎消臭(空気洗浄・店内/室内の消臭)
▶︎防カビ(風呂場・水回りのカビ防止)
▶︎空気洗浄(VOC対策・ホルムアルデヒドなど)

今、コロナウイルスの影響で「光触媒の新事業」が広まっている中、
業者・企業様に出来るだけリスクを軽減してもらえるよう私たちCutalyst+(カタリスト)は「加盟金」や「ロイヤリティ」等一切受け取らない。

より多くの方へ、より安心安全に過ごしていただける環境をお届けできるよう取り組んでいる。


Cutalyst+ (カタリスト)|株式会社2Bbetter
問い合わせ:info@2b-better.jp
ホームページ:https://www.2b-better.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/cutalyst.nfe2/

#光触媒コーティング #光触媒 #カタリスト #Cutalyst #光触媒とは #銅イオン #銀イオン #ナフィオン