8年分の汚れが染みついた部屋を綺麗に…賃貸住宅の原状回復専門業者が超難関物件に挑む!4/18(日)BACKSTAGE(バックステージ)

4月18日(日)よる11:30放送 『BACKSTAGE』、今回のテーマは「汚れの巣窟…超難関物件に“原状回復”専門業者が挑む!」

私たちの何気ない日常のバックステージには、いつも懸命に働く人たちが・・・。よく知っている仕事から、初めて目にする仕事まで、さまざまなジャンルのプロフェッショナルが“挑戦”する姿に密着する『BACKSTAGE』。MCの武井壮とともに働く人たちの“こだわり”や“仕事愛”を浮き彫りにしていきます!

今回は賃貸物件の「原状回復」を手掛けるプロフェッショナルが登場!水まわりの修理から塗装まで、一般的にはそれぞれの専門業者にお任せする作業をまとめて請け負う“オールラウンドプレイヤー”濱田信也さんが挑むのは、前の住人の「8年分の汚れ」が染み付いた超難関物件!泥やホコリが長年蓄積して黒ずんでしまった玄関、油べっとりのキッチン、カビだらけの浴室、厄介なタバコのヤニ汚れなどをどのようにきれいにしていくのでしょう!?清掃業界には珍しい、原状回復に特化した達人に密着しました。

年間4000以上の部屋をきれいに蘇らせてきた濱田さんが訪れたのは、東京・蒲田付近に位置する築25年のマンション。いたるところに黒カビやシミが付着し、キッチンは油汚れでベトベト。加えて、足を踏み入れるのをためらうほどカビだらけになった浴室に、謎の黒ずみがこびりついた玄関・・・。前の住人の8年間にも渡る汚れが溜まりに溜まったこの部屋で濱田さんが最初に着手したのは「網戸」でした。すべて新品に交換すると費用がかさんでしまうため、フレームは再利用。汚れた網を手際良く外し、新しいものに張り替えていきます。

次に経年劣化が激しかった浴室の蛇口を交換。その後、バスタブの裏側から壁まで、素材ごとに掃除道具と洗剤を換えてとことん汚れを落としていきます。すると、見るも無残に汚れていた浴室が見違えるほどきれいに!
気になっていた玄関から廊下にかけての黒い汚れは、蓄積した泥やホコリと判明。剥離剤を水で薄めたものを使い、ブラシでこすってから目の粗いナイロンたわしで汚れを掻き出すと・・・なんと、たった10分で裸足で歩いても気にならないほどピカピカになりました!

さらに、キッチンでは油べっとりのレンジフード、コンロ、壁といった箇所を見えないところまで丁寧にきれいにしていく濵田さん。新たな入居者が晴れやかな気持ちで新生活をスタートできるように、徹底的に汚れと戦います。

スタジオでは、今回の物件の原状回復にかかる費用を当てるクイズも・・・!さまざまな便利グッズを駆使する濱田さんを見て、ゲストの高瀬真奈が思わず「欲しい!」と声を漏らした工具や、MCの武井壮がしきりに「行きたい!」と言う建築関係者しか入れない店、ご家庭ですぐに役立つ汚れ落としのテクニックもご紹介します!
【BACKSTAGE 4/18OA「汚れの巣窟…超難関物件に“原状回復”専門業者が挑む!」PR動画】

【放送日】2021年4月18日(日)
【時間】よる11:30
【MC】武井壮
【ゲスト】高瀬真奈
【テーマ】汚れの巣窟…超難関物件に“原状回復”専門業者が挑む!
【番組HP】https://hicbc.com/tv/backstage/?ref=pr
CBCテレビ製作/TBS系全国28局ネット