田中碧選手が推した『道をひらく』が555 万部突破 インタビュー放映後にランキング急上昇で大増刷

長友佑都、長谷部誠ら歴代サッカー日本代表選手も愛読

『道をひらく』書影
『道をひらく』書影

株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 瀬津要)が刊行する松下幸之助の著書『道をひらく』(https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-53407-7)の累計発行部数が556万5,600部となります(1月27日出来)。昨年大晦日のテレビ番組内で、サッカー日本代表の田中碧選手が愛読書の1冊として本書を紹介するやいなや、注文数やAmazon書籍総合ランキングが急上昇しており、本書に大きな関心が寄せられたことが見てとれます。555万部突破は、予想以上の反響を受けて、年明けに急遽2回計2万部の増刷を決定したことによるものです。

■読み継がれて55年『道をひらく』とは

『道をひらく』は、パナソニックグループ創業者およびPHP研究所の創設者である松下幸之助が月刊誌『PHP』の裏表紙に折々の感懐を綴った短い随想から121篇を選び1冊にまとめたものです。1968年の発刊以来、経営や仕事の指針として、また近年では人生訓として読み継がれ、今年5月には発売55周年を迎えます。

昭和から平成、令和まで時代を超えるロングセラーとなっている本書は、2014年には黒柳徹子著『窓ぎわのトットちゃん』(580万部)に続き、J・K・ローリング著『ハリー・ポッターと賢者の石』(509万部)を越え、戦後ベストセラー歴代2位にランクイン(※出版科学研究所調べ 対象は単行本と新書のみ)。
さらに、2021年には日本記録の認定機関であるUA-JAPAN RECORDSにより、国内で最も多く発行されたビジネス書(545万1,600部 ※2021年1月時点)に認定されました。2022年も年間で5万部以上の重版を重ねるなど、今なお記録を更新し続けています。

■田中選手から歴代サッカー日本代表選手らに愛読される理由

カタールW杯での活躍が記憶に新しい田中碧選手が、帰国後出演した「ウェークアップ」(読売テレビ 2022年12月31日放送)で「読書は人生の軸」と読書家の一面を明かし、今でも毎日読み返す本として、この『道をひらく』を紹介しました。
インタビュー放送後、Amazon.co.jp 書籍総合ランキング2位(2022/12/31)まで急上昇し、ジャンル別ランキングでは軒並み1位にランクインしたのは、まさに田中選手効果です。

本書は、「素直に生きる」「視野を広く」「心配またよし」「覚悟はよいか」……など、万人に通じる心得がシンプルな言葉で綴られており、学生や新入社員からマネジメント、経営者層まで幅広く読み継がれています。過去には長友佑都選手、長谷部誠氏ら、歴代サッカー日本代表選手や、加えて清宮幸太郎内野手、菊池雄星投手らプロ野球選手も愛読書として挙げています。テクニックのみならずメンタルも一流の選手たちが手に取った『道をひらく』を、これからの新時代を生きていくための羅針盤として、今後もまた一人でも多くの読者にお届けしてまいります。

■本書と関連書 書誌情報

▼本書の朗読&松下幸之助の肉声動画