「ヴィーガン納豆チョコレート」先行販売を実施 納豆独特のクセを抑えて誰もが食べられるスイーツを開発

ヴィーガン納豆チョコレート
ヴィーガン納豆チョコレート

近畿大学経営学部(大阪府東大阪市)経営学科教授の古殿 幸雄ゼミは、納豆の生産・販売を手掛ける株式会社エイコー食品(大阪府門真市)からの委託研究の一環として、納豆インフルエンサーの鈴木 真由子氏と共同で「ヴィーガン※ 納豆チョコレート」の商品開発を行いました。乳製品を原料としないチョコレートを使用することで、ヴィーガンの人でも食べられる、納豆のクセを抑えたスイーツです。
令和3年(2021年)1月22日(金)~24日(日)の3日間、グルテンフリーお菓子専門店「Comeconoco Laboratory & Café(コメコノコラボラトリー&カフェ)」(大阪市中央区)とヴィーガン対応衣食料品店「mumokuteki(ムモクテキ)」(京都市中京区)で先行販売を実施します。
※ 肉・魚・卵・乳製品など、動物性の食品を一切摂らない主義のこと

【本件のポイント】
●日本の伝統食で栄養価の高い納豆を、独自のクセを抑えた食べやすいスイーツにアレンジ
●素朴な見た目の納豆製品を、若者目線でSNS映えするスイーツに
●学生は企画から商品販売までを経験することで、商品企画・マーケティングを実学として学ぶ

【本件の内容】
近畿大学経営学部教授の古殿 幸雄ゼミの学生4人は、納豆インフルエンサーの鈴木 真由子氏と共同で「ヴィーガン納豆チョコレート」を開発しました。
納豆は日本の伝統食品の一つで、タンパク質とビタミンが豊富で栄養価が高く、特に動物性由来の製品を摂取しないヴィーガン主義の人にとっては、必要な栄養素が補えるスーパーフードとして知られています。しかし、ネバネバ感や独特のにおいに特徴があり、海外では受け入れられにくいという問題があります。そこで、納豆のすばらしさを広めるため、チョコレートを用いてネバネバ感やにおいを抑え、「世界中の誰もがおいしく食べられる健康食品」をコンセプトに、株式会社エイコー食品から商品開発を委託されました。
学生と鈴木氏は、コロナ禍で活動が制限される中、キッチンスタジオを借りて試行錯誤を重ねながら、レシピを完成させました。特に苦労した点は、ヴィーガンでも食べることができる動物性由来の乳製品が混じらないチョコレートの調達と、納豆とチョコレートの加工工場の選定です。多種類の菓子を製造する工場では、ほかの菓子に納豆菌が混入する可能性があるため引き受けてもらえず、加工工場探しが難航しました。そんな中、世界で初めて完全食チョコレートを開発した株式会社SpinLife(北海道札幌市)にヴィーガンチョコレートの製造と加工を引き受けていただくことができました。
「ヴィーガン納豆チョコレート」は、チョコレートにドライ納豆を細かく砕き入れており、ほんのりと納豆の風味を感じることができる濃厚でビターな味わいになっています。さらに、素朴な見た目の納豆製品を、若者目線でSNS映えするスイーツに。チョコレートの上に、ドライ納豆、フランボワーズ、ラムレーズンをそれぞれトッピングした見た目も華やかな4種類のフレーバーを取り揃えました。
今回の先行販売会では、お客様からフィードバックを得ることを目的として開催します。商品に対する評価や感想をもとに商品をさらに改良し、令和3年(2021年)春頃に本格的な販売をめざします。

【先行販売概要】
商  品:ヴィーガン納豆チョコレート(40g)
価  格:440円(税込)
日  時:令和3年(2021年)1月22日(金)~24日(日)11:00~18:00
場  所:(1)Comeconoco Laboratory & Café(22日(金)、23日(土))
     (大阪市中央区島町2丁目2-3、
     大阪メトロ谷町線「天満橋」駅から徒歩5分)
     ※ 数量限定販売 各日限定10個
     (2)mumokuteki(23日(土)、24日(日))
     (京都市中京区式部町261 ヒューマンフォーラムビル、
     阪急「京都河原町」駅から徒歩8分、
     地下鉄「祇園四条」駅・京阪「三条」駅から徒歩13分)
     ※ 数量限定販売 各日限定10個
関連SNS:近畿大学経営学部 古殿研究室
     Vegan納豆チョコプロジェクト
     Twitter https://twitter.com/Kodono_zemi
     近畿大学経営学部 古殿研究室
     Vegan納豆チョコプロジェクト
     Instagram https://www.instagram.com/vnc.pjt/?hl=ja

【鈴木 真由子氏プロフィール】
「納豆をもっと自由に!」をモットーに"納豆を食べることが仕事"のフリーランサー。主に全国ローカル納豆ECサイト「納豆天国」の運営、Hanako.Tokyoでの連載コラム執筆や、納豆会社との商品企画などを手がける。NHK、テレビ朝日、BBC、FMヨコハマなど多数メディア露出あり。

【株式会社エイコー食品】
所在地 :大阪府門真市大橋町26-23
代表者 :代表取締役社長 佐藤 勝彦
事業内容:納豆の生産、販売
創業年 :平成20年(2008年)9月19日
従業員 :10人
資本金 :7,108円
会社HP :https://e-ko.co.jp/pages/kaisha.html

【関連リンク】
経営学部 経営学科 教授 古殿 幸雄(コドノ ユキオ)
https://www.kindai.ac.jp/meikan/1363-kodono-yukio.html

経営学部
https://www.kindai.ac.jp/business/