【200件突破!】不当解雇などの団体交渉案件が約6か月で200件を超えました!

「みんなのユニオン」は無料相談の受付を開始してから約6か月で団体交渉案件が200件を突破しました

「みんなのユニオン」は、不当な解雇、雇い止め、内定取り消し、セクハラに関して無料相談を受け付けています。多くの相談を受け付けていますが、その中で会社への復職や解決金を請求する、団体交渉をご依頼いただいた案件が200件を超えました。

最高裁の判決に喜びの声が!働く人の悩みが尽きない中で団体交渉案件が200件を突破!

アルバイトの賞与、契約社員の退職金の支給義務を認めない判決が最高裁から10月13日になされました。

10月15日には、日本郵便の契約社員らに手当や休暇について付与を認める最高裁の判決が下り、そのいずれの判決も社会に衝撃を与えたことでしょう。

そのような中で、不当解雇などの無料相談を受けてきたみんなのユニオンですが、団体交渉案件が200件を超えました。

コロナを含めた社会不安の中、お悩みの方がいかに増えているかを実感しています。

当ユニオンは不当な解雇、雇い止め、内定取り消し、セクハラに関して無料相談を行なっています。この活動は2020年5月から開始していますので、約6か月で200件、1日に1件以上は団体交渉するほどのお悩みが生まれていることになります。

200件ある案件の具体的な内容とは?

当ユニオンに寄せられた、具体的な案件の内容をご紹介します。

・コロナにより整理解雇をされたが、復帰した社員もいるし求人も出している

・コロナを理由に解雇通知を受けたが、納得していない。その後、得意先からのクレームも解雇理由に加えられた。退社日を延長すれば、解雇に際して支給する手当を減らすと説明された

・未払い残業代の交渉を会社とするも折り合わず、労基に実名相談したところ、会社に抜き打ち検査が入った。労基を呼んだことで同日に解雇を通告され、翌日解雇された

・即日解雇を言い渡される。退職届のような書類に「サインしないと帰さない」と言われ、約4時間ほど拘束されたのち、精神的にきつくなりサインしてしまった

・会社のスキルニーズに合わないからと、突然解雇を言い渡された。しかし、相談者は上司からのパワハラを同僚に相談しており、それが社長の耳に入ったからではないかと思われる。のちにもらった解雇予告通知書には「業績不振」と理由が書かれていた

上記は案件の一部です。
2020年、コロナの年だからこそ起きる不当な失業もあれば、パワハラなどの別の労働問題が原因で起きているものもあります。

その他の案件は、当ユニオンのサイト内「活動報告」でご覧いただけます。

また、解決した事案をストーリー状にまとめた記事もありますので、
・どのようなお悩みが寄せられているのか
・みんなのユニオンがどのようにお悩みを解決しているのか
をよく知っていただけると思います。

無料相談から団体交渉までの流れは、こちらのフローをご覧ください。

組合員数も受任件数も増加中!

みんなのユニオンの組合員数は、2月に発足してから10月20日現在、1150人を超えました。

組合員数に呼応するように受任件数も200件を突破!相談件数も増加し、不当失業にお悩みの方へお力添えをさせていただいております。

当ユニオンの特徴としては、「無料」の「オンライン」労働組合であること。
従来の労働組合は組合費がかかるところが多いですが、当ユニオンは組合費が無料で、入脱退も自由に無料で行なえます。

また、オンラインで活動しているため、スマホがあればどこからでも入脱退できますし、無料相談も利用可能です。

北は北海道、南は沖縄県まで、全国各地からご加入いただいております。

地域だけでなく、組合員の業種もさまざまです。

TBSテレビ「あさチャン!」やテレビ朝日「サンデーステーション」など、メディアでも数多く放送されている「みんなのユニオン」。

判例などの専門知識と、数々の交渉経験を背景に労使双方が納得できる交渉を実現している専門家が在籍しておりますので、安心してご利用いただけます。

「不当解雇に困っている」

「雇い止めされたけど不当かもしれない……」

ご自身が失業させられたことが不当かも?と思われたなら、ぜひお気軽にご相談ください。

お悩みを解決して、気持ちよく次のステップに進みましょう!

当ユニオンの執行委員である岡野武志は、YouTubeでも活動しています。

YouTubeでは、働く人のためになる法律を分かりやすく解説しておりますので、会社から一方的に不当な扱いを受けたときに泣き寝入りしないよう、知識という武器を手に入れておきましょう。

お問い合わせ

【みんなのユニオン】
・組合費永年無料
・47都道府県どこからでも加入可能
・加入はオンラインでのご記入だけ(3分程度)
・脱退自由
・組合の手伝い義務など、あらゆる負担なし

ホームページ:https://uaas.jp/
メールアドレス:info@uaas.jp
電話番号:0120-984-406
(24時間365日受付:※休日夜間は受付専用となります)
担当者:杉山