コロナ禍において収入の不安を感じてオンラインを使ってビジネスをやっていきたい起業家、特に先生業・相談業へ向けた電子書籍を出版

「とってもやさしいオンライン集客の教科書」わかりやすさで、他に負けない自信があります

オンライン集客をしたい方を支援する、一般社団法人アイン(所在地:茨城県つくばみらい市、代表理事:荒屋明神、以下「当法人」)は、昨今のコロナ禍において収入の不安を感じてオンラインを使ってビジネスをやっていきたい起業家、特に先生業・相談業へ向けた電子書籍を2021年2月16日に出版いたしました。






▼購入ページ

■オンライン集客が上手くいく人はたった3%

オンライン集客というものは、たくさんの方が取り組んでいるわけですが、実はほとんどの方々がうまくいっていない、という事実を皆さんご存じでしょうか。

中小企業白書という中小企業庁が毎年出しているデータがあるのですが、実に90%以上の企業がホームページやフェイスブックなどのウェブ集客ツールを使っている、という結果があるんです。

ですが、実際に集客に活用できている・集客が伸びたと言っているのは、わずかに3.7%というデータが出ています。つまり、どういうことか。 ウェブ集客というのはなんとなく始めてうまくいくものではないんですね。




■上手くいかない原因は「教わる順番」

けれども実は、ちゃんと正しい知識を得て基礎から勉強して実践していけば、必ず結果が出るようなシステムになっているんです。
それなのになぜ、世の中の中小企業・個人事業主・フリーランスの方たちが失敗してしまうのか。

これは、学校の授業に例えると、すごく分かりやすいんです。 たとえば、算数だったら、小学校から1つずつ「1+1」とか学んでいきますよね。国語だったらひらがな・カタカナから学んでいきます。 そして小学3年生、6年生、そして中学校、高校、大学と、どんどんむずかしくなっていきますね。

しかしビジネスというのは大人になってからいきなり学ぶもので、しかもいきなり実践になるわけです。

大人になるまで教えてくれるところがほとんどない上に、大人になって学ぼうと思った場合、起業塾やビジネスセミナー、教材などのほとんどは初心者にはレベルが高すぎるんですね。





■『とってもやさしいオンライン集客の教科書』ゼロイチを達成する近道を応援

そこで今回僕は『とってもやさしいオンライン集客の教科書』というものを作らせていただきました。

こちらは、「オンライン集客」、お客さまを集めるために必要な、本当に初歩の初歩の内容、そして大事な基礎を取り扱っている教科書となっています。はじめて小学校で先生に渡された国語の教科書を想像してみてください。 本当に基本的な、ひらがなやカタカナのようなことを載せています。

もしかしたら、「いや、そんなことは知っているよ」とか、「いや、そんなこと言われなくても分かっている」という方もたくさんいらっしゃると思います。ですが、きちんとここを学んでいる方というのはかなり少ないので、こういったところを飛ばさずに、まずは読んでみてください。

そしてまずやってみてください。



▼詳細はこちら▼

https://amzn.to/3tyf3U0




■今後について

1箇所ではなく、複数箇所への企業、コミュニティに所属しながら「自分自身」を評価されて、そこに価値を感じるコーチコンサルセラピスト占い師など「通称:先生業・相談業のかた」(副業の人もこの定義において先生業・相談業のかたになります)のご支援をSNS運用やオンラインコンテンツの制作提供販売などのサポートを通じながらやり続けていきます。





■書籍概要

タイトル   : とってもやさしいオンライン集客の教科書

著者     : 荒屋明神

価格     : 100円(税込み110円)

発売日    : 2021年2月16日

発行元    : 一般社団法人アイン

URL      :https://www.ain.or.jp/



▼電子書籍購入先▼