node hotel 京都初のDesign Hotels™ 加盟ホテルに

”アートコレクターの住まい”がコンセプト

”アートコレクターの住まい”をコンセプトにしたnode hotel (所在地:京都市中京区四条西洞院 客室数:25 代表:新井 成憲)は、新型コロナウィルス感染防止対策の一貫として発表を控えておりましたが、この度全国的に緊急事態宣言が解除されたことを受け、昨年1月より世界的なホスピタリティコミュニティDesign Hotels™ (デザインホテルズ)に京都で初めて加盟しましたことを公表いたします。

Design Hotels™(AG 本社:ドイツ)は、世界60ヵ国、330以上のラグジュアリーブティックホテルが加盟するホテルグループです。洗練された建築、デザイン、文化に共感するトラベラーとホテルを繋ぐグローバルコミュニティとして地元でしか体験できない文化交流を交えての滞在、知性や感性を刺激する最先端建築やデザインを「Original Experiences」(オリジナルな体験)として生み出しています。

当ホテルは、非日常の贅沢ではなく理想の暮らしの中でアートを身近に感じられる「アートコレクターの住まい」のようなホテルです。シンプルな佇まいの中に、アートが存在感を放ちながらも調和し、オーセンティックな家具や装飾品が洗練された空間を演出しています。

“node”とは、結節点。2019年の開業以来、京都のアートシーンを目指して訪れる国内外のアートトラベラーが地域文化と触れ合う滞在を楽しんでいます。

■ アートコレクションについて

世界中のギャラリー、アートフェアでコレクションしてきたアーティストの作品を展示しています。Barry McGee、Bernard Frize、五木田智央、大竹伸朗、荒木経惟、井田幸昌など、世界的に評価の高いアーティスト作品を1Fパブリックスペースに数多く展示し、またパブリックスペースだけでなく客室にも「アートコレクターの住まい」をコンセプトにアート作品を展示する唯一のホテルです。

■ 客室について

客室はグレーを基調とした落ち着いたトーンに、クラシカルな中にもモダンを感じさせる家具と洗練された現代アートを展示した空間構成となっています。重厚感のあるオリジナル家具は、木材はじめ大理石やアイアンなどひとつひとつ素材の質感にこだわり、海外の現地職人によるハンドメイドで作られています。更には快適性を兼ね備えたファブリック、アメニティ、ルームウェアも用意しており、20㎡のスタンダードダブルから、50㎡超のジュニアスイートタイプまで、様々なシチュエーションに合わせたニーズに対応しています。

■ カフェダイニング・バーについて

ホテル1Fのカフェダイニング・バーでは、“farm to table”をコンセプトに地元京都の食材を使用し、世界中のあらゆる食文化が混ざり合ったジャンルレスな料理とセレクトしたワインが楽しめます。朝食からカフェ、ディナー、バーまで、過ごす時間によってゲストに最適な心地よいサービスを提供します。宿泊客だけに限らず、広く一般の方でも1Fパブリックスペースにあるアートを楽しみにながら食事をお楽しみいただけます。
※ 現在はコロナ感染防止対策のため、朝食は個別サービスでご提供しております。

■ node hotel 施設概要
名称:node hotel ノードホテル

所在地: 〒604-8225 京都市中京区四条西洞院上ル蟷螂山町461

電話:075-221-8800

客室数:25室

開業:2019年7月
代表:新井 成憲

経営会社:node株式会社

企画:CANVAS
設計:竹内誠一郎建築研究所 竹内誠一郎
内装:Indian Creek Fete Kyoto
アートワーク:Flair Art Association

★コロナ感染防止対策
チェックイン時の検温 37.5度以上の発熱が認められた場合、保健所の指示に従い、ご宿泊をご遠慮いただく場合がございます。
客室やパブリックスペースでの除菌清掃の実施
館内各所での除菌用アルコールの設置
ダイニング利用時にお客さまへアルコール消毒の実施
従業員の出勤時検温実施とマスクの着用