パリミキ『はじめての遠近』キャンペーン開始のお知らせ

もしかして隠れ老眼? ~ こんなポーズ辛くないですか?~

株式会社 パリミキ(本社:東京都港区、代表取締役社長:恒吉裕司、以下「パリミキ」)は、2024年2月より「はじめての遠近」キャンペーンを開始しました。

■もしかして隠れ老眼? ~ こんなポーズ辛くないですか?~

日常生活のなかで、こんなポーズをしていることはありませんか?
知らず知らずのうちにモノが見えづらいと目から画面を遠ざるけたり、力を入れすぎて眉が極端に寄ってしまったりする仕草は、実は、老眼の初期症状で起こるポーズの可能性があります。コロナ禍を経て在宅勤務やテレワークが増えた昨今、スマホ・パソコンの使用頻度が増えたという方がいらっしゃいます。老眼の症状が現れだすと、今まで見えていた近さではスマホやパソコンが見えづらくなり、気がつかないうちにこのような体勢をとってしまうことがあります。自分自身や身近な方がこのようなポーズをしていないかを確認していただくことで、目の状態に早期に気づくことができます。パリミキでは気軽にメガネのことが相談できますので、快適な生活を送るきっかけになります。

■WEBサイト

■WEB動画

■遠近両用は早めに使うと慣れやすい

メガネの度数を大幅に変えると、クラクラしたり遠近感が取りにくかったりという感想をいただくことがあります。これは遠近両用レンズでも同様で、度数が進行し「かなり見えにくくなった」状態になると、レンズには強い度数を入れる必要があり、慣れにくいメガネが出来上がってしまう場合があります。そうなる前に「見えにくいポーズ」をとったタイミングから遠近両用レンズを使っていただくと、違和感なく快適にメガネを使用することができます。パリミキでは遠近両用レンズも、追加料金なしでご用意していますので、気軽にメガネを選ぶことができます。

■従来のレンズに比べて視野が広く・歪みが少ない!

パリミキでは標準レンズにも従来のレンズに比べて視野が広く・歪みが少ない最新の「内面累進設計」を採用しています。違和感・ストレスが少ないため、初めての方でも使いやすいメガネを実現しています。

■【眼鏡作製技能士】が多数在籍、安心の説明

日常でどんなふうにメガネを使用しているのか、見え方に関してどんなことでお悩みなのかなど、眼鏡作製技能士をはじめとした経験豊富なスタッフが、スライドや画像を用いながら、わかりやすく問診し、お客様のライフスタイルに合わせた使い方を説明いたしますので、安心してご来店ください。

■パリミキ独自の測定方法「アイポインター」

遠近両用レンズは、瞳孔の中心とレンズの中心点をしっかり合わせてメガネを作らないと「見えづらい」メガネになってしまいます。パリミキでは独自の測定方法を用いて、目とメガネとの位置関係を正確に計測。それにより、レンズが性能を最大限に発揮する<瞳孔とピッタリ合ったポジション>に設定し、ストレスなく見やすいメガネに仕上げられます。

■遠近両用レンズ体験会を実施

2月22日まで、パリミキ各店では「遠近両用レンズ体験会」を実施中。ライフスタイルに合わせてカスタマイズされた遠近両用レンズなどを店頭で実際にご覧いただけます。パリミキの視力測定を体験いただき、お一人おひとりに合ったレンズを選定いたします。測定体験後は、かけてみたレンズの種類を解説したシートを配布しており、より深く遠近両用メガネについて知ることができます。メガネの購入前にレンズの構造や使用方法・種類など、一般的にはまだ知られていない遠近両用レンズのアレコレを実体験できる体験会です。

■会社概要

会社名:株式会社 パリミキ
設立 :2009年1月15日
代表者:代表取締役社長 恒吉裕司
資本金:1億円
事業内容:眼鏡およびその関連商品を主に取り扱う眼鏡専門店チェーン
URL:https://www.paris-miki.co.jp