フロスト&サリバン、調査レポートを発表:「2030年までにセキュリティおよび識別を再定義する革新的なデジタル識別ソリューション」

米国に本社を置くビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役:ロビン・ジョフィ)(以下、フロスト&サリバン ジャパン)は、「2030年までにセキュリティおよび識別を再定義する革新的なデジタル識別ソリューション」について調査レポートを発表いたしました。

フロスト&サリバンのデジタル識別ソリューションに関する最近の分析によると、ブロックチェーン技術、人工知能、生体認証システムの急速な進化により、世界において独自性のある洗練されたデジタルIDソリューションが生まれています。個人情報の盗難、セキュリティに対する脅威、政府によるデジタルトランスフォーメーションの政策により推進され、eバンキング、電子政府、電子取引、モバイル取引、行動的生体認証、空港セキュリティなど、様々な分野が大きな恩恵を受けるでしょう。

「国の個人識別プログラムは、国がガバナンスを容易にするために、国民の個人識別情報の強固な統一したデータベースを確立しようとしており、注目されています」、フロスト&サリバンICT部門のシリアリサーチアナリスト、アラヴィンド・スリモーンラナタンは言います。「2030年までに、ブロックチェーン技術の進化により、生体認証の統合が進み、シングルトークンのデジタル個人識別が確立されるでしょう」。

スリモーンラナタンは更に言います、「加えて、ハッカーがセキュリティシステムを迂回する、破壊する高度なテクノロジーを利用するため、柔軟性のある高度なセキュリティ、マルチモーダルな生体認証による識別システムが、あらゆる業界におけるセキュリティ強化において不可欠な手法になると予測されます」。

デジタル識別市場を変革すると考えられる最新技術は、以下を含む成長機会をもたらすでしょう:
• デジタル識別に対して高度なサイバーセキュリティを活用する:サイバーセキュリティのプロバイダーは、エンドユーザーが効果的にデジタル識別データベースを管理する支援をするために、最高クラスのセキュリティソリューションを提供すべきである。
• ブロックチェーンによるデジタル識別ソリューションを利用する:ブロックチェーン技術の企業と提携することにより、デジタル識別ソリューション、そして総合的なセキュリティおよび効率性を強化することができる。
• デジタル識別管理のためにポータブルな生体認証リーダー/機器を利用する:携帯できるデジタル識別ソリューションのプロバイダーは、セキュリティを確保しつつ、効率的な顧客体験を提供するために、提供するサービスに多要素認証を含むべきである。

世界におけるデジタル識別ソリューションの成長機会は、フロスト&サリバンICT部門の最新の調査分析の一つで、Frost & Sullivan Leadership Councilを通して閲覧可能です。Frost & Sullivan Leadership Councilは、企業がこの不透明な未来で成功するための、継続した成長機会の流れを特定するためご支援します。

原文:

フロスト・アンド・サリバンについて

フロスト&サリバンは独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナー。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。

フロスト・アンド・サリバン・ジャパン株式会社

設立:2014年1月
沿革:2009年3月 日本支社「フロスト&サリバン インターナショナル」設立
2014年1月 日本法人「フロスト&サリバン ジャパン株式会社」設立
代表者:ロビン・ジョフィ(代表取締役)
所在地:〒107-6123 東京都港区赤坂5丁目2番20号 赤坂パークビル23階
URL: https://frost.co.jp/

本リリースに関するお問い合わせ

フロスト・アンド・サリバン株式会社PR事務局(SivanS株式会社内)
担当:高谷
Email: press@sivans.jp