子供の弱気を克服する空手〜社会の理不尽に負けないメンタルトレーニングとは〜?

特集記事『子供の弱気を克服する空手 社会の理不尽に負けないメンタルトレーニングとは?』
特集記事『子供の弱気を克服する空手 社会の理不尽に負けないメンタルトレーニングとは?』

子供に「礼儀が身につく」と習い事として人気がある武道。
その種類は柔道・剣道・弓道などさまざまあるが、2020東京オリンピックでようやく正式種目として採用された「空手」に注目が集まっている。

「空手」は日本の沖縄で発祥し広まったが、現在はヨーロッパでの人気も高い。
海外の愛好家たちは肉体よりも精神面の鍛錬に魅力を感じ、人間力アップに重きを置いている。そして、空手は流派が多く存在し、ルールが統一されていないため、町道場など習える場所が多いのも人気の理由だ。

現在の空手人口は、次のようになっている。

〇加盟 NF 数:194 の国と地域
〇世界愛好者数:1億 3000 万人以上
〇国内愛好者:200 万人以上
〇競技登録者:53 万人
<出典:(公財)全日本空手道連盟 / 《資料》空手道のルールと競技人口>
https://www.jkf.ne.jp/wp-content/themes/jkf-tfif-child/document/other/for_media_document.pdf

日本の総人口は1億2614万人。(令和元年10月1日現在)
空手の世界愛好者数が1億3000 万人以上いることから、世界中で愛されている競技だとわかる。ちなみに、同じ武道である柔道の世界愛好者数は数百万と言われており、そのなかでも全日本柔道連盟登録人口は14万9301人となっている。(平成31年3月1日現在)
<出典:公益財団法人全日本柔道連盟 / 登録人口の推移について>
http://www.judo.or.jp/wp-content/uploads/2019/04/tourokujinkou-suii2019.pdf

そこで、富樫宜資さん(全日本武道空手道連盟総裁、日本空手道無門会会長・最高師範)をむかえ、空手の真の魅力と、空手で鍛えられる「世界で通用する力」とはなにかについて考えていく。

●公開日時:2019年11月20日(水)11:00 ウェブマガジンSOCIO

▼ 作家紹介

富樫宜資(とがし・よしもと)

全日本武道空手道連盟総裁。日本空手道無門会会長・最高師範。
『永遠の空手道を求めて: 富樫宜資自伝』の著者。
【略歴】
1950年
  山形県生まれ。亜細亜大学出身。
1969年
  空手道修行を志す。
1972年
  奥多摩で一カ月の精神修行。
1973年
  奥多摩で三カ月にわたり下部構造の徹底訓練。日本空手道無門会を創設。
1975年
  第一回自由組手大会を開催。
1976年
  奥多摩で一年間の山籠り修行。
1979年
  極々前屈立ちを完成する。日本空手道無門会十段となる。
1985年
  日本空手道無門会最高師範となる。
1989年
  『格闘技通信』に「極限の空手道理論」を発表。
1990年
  全国で講習会を開催。
1993年
  『月刊フルコンタクトKARATE』で「空手とは何か?」を連載開始。
現在
  全日本武道空手道連盟総裁。日本空手道無門会会長。

富樫宜資 『永遠の空手道を求めて: 富樫宜資自伝』
富樫宜資 『永遠の空手道を求めて: 富樫宜資自伝』

▼ SOCIOについて

SOCIO(ソシオ)は、「あたらしい自分と社会をつくる」をコンセプトにしたウェブマガジンです。毎記事で1つのテーマを取り上げ、各界で活躍する作家が質問にお答えします。社会問題から人生のお悩みまで、さまざまな気になることを作家とともに考えていきます。SOCIOを通して、みなさまが未来について考える機会をお届けしたい。そんな想いで、発信してまいります。
公式HP: https://www.socio22.com/
Twitter: https://twitter.com/SOCIO_sns

「あたらしい自分と社会をつくる」ための3つのメッセージ
① 多様性:多様性が求められる社会で、他人の主張を無視しない。
② 気づき:その中にある気づきを育み、自分だけの行動指針を生み出す。
③ 営む:ひとり一人の決断の連鎖で、社会をアップデートする。

「あたらしい自分と社会をつくる」ための3つのメッセージ
「あたらしい自分と社会をつくる」ための3つのメッセージ

▼ 運営会社について

株式会社22世紀アート

「みんなを幸せにする出版社」を企業理念に掲げ、「出版とは、今、社会が必要とする情報を発信すること」という思いのもと、誰もが「本」に触れ、「本」を生み出し、「本」を愛する人になる。そんな文化インフラを作るために、20名のスタッフにより運営されています。

代表者  : 向田翔一
所在地  : 〒105-0003 東京都港区西新橋1-5-12 佐野ビル6F
設立   : 2014年12月
事業内容 : 書籍・電子書籍制作及び出版
TEL   : 03-5941-9774
FAX   : 03-5941-9773
MAIL  : info@22art.net
公式HP : https://www.22art.biz/
Twitter  : https://twitter.com/22artnet
Instagram: https://www.instagram.com/22art_tokyo/?hl=ja

▼ 最近の記事

家族に相談できないあなたへ 死にたいほど辛い悩み、どうしたらいい?

特集記事『家族に相談できないあなたへ  死にたいほど辛い悩み、どうしたらいい?』
特集記事『家族に相談できないあなたへ  死にたいほど辛い悩み、どうしたらいい?』

いじめ加害者を生み出したのはだれか 社会の責任を放棄した傍観者になるな

特集記事『いじめ加害者を生み出したのはだれか 社会の責任を放棄した傍観者になるな』
特集記事『いじめ加害者を生み出したのはだれか 社会の責任を放棄した傍観者になるな』
児童虐待、上司からのパワハラ、学校内のいじめ……テレビをつけると苦しくなるニュースが毎日飛び込んでくる。こうしたニュースを見て、「かわいそうだが、自分には関係ない」と思う人もいるだろう。 しかし、暴力被害は他人事ではない。あなたの家族や友人が、だれにも言えずに苦しんでいるかもしれない。都道府県労働局等に設置した総合労働相談コーナーに寄せられる相談内容のうち、「いじめ・嫌がらせ」に関する内容がトップで、平成30年度には82,797件の相談があった。 <参考:文部科学省 / 平成30年度個別労働紛争解決制度の施行状況> 相談レベルで8万件を超えている事実から、実際の事件としてニュースになるのはわずか一部であることがわかる。私たちに届いていない、数多くの被害者や加害者がいることを忘れてはならない。 SNSで暴力に関するニュースに対する意見を見ていると、被害者側へ同情する声が多く見られる。「かわいそう」という感想に留めず、加害者側について「なぜ事件が起こってしまうのか」を深堀りして考える必要があるのではないか。そこで4人のゲストから話を伺い、一緒に考えていきたい。(企画・執筆:佐藤志乃 / 企画・制作:一条恒熙)
https://www.socio22.com/すべての記事/教育/いじめ加害者を生み出したのはだれか/