臨場感溢れる超高精細8K映像の撮影を実現する放送用レンズ2機種を新開発

世界最高66倍ズームのボックスタイプと世界最広角7.6mmのポータブルタイプで放送業界をリード

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、臨場感溢れる超高精細8K映像の撮影を実現する放送用ズームレンズ「FUJINON HP66×15.2-ESM」(以下、「HP66×15.2」)と「FUJINON HP12×7.6ERD-S9」(以下、「HP12×7.6」)を新たに開発しました。
「HP66×15.2」は、世界最高*166倍ズーム・世界最望遠*11000mmのボックスタイプで、「HP12×7.6」は、世界最広角*17.6mm-望遠91mmをカバーするポータブルタイプです。なお、「HP66×15.2」は2020年夏、「HP12×7.6」は同年秋の発売を予定しています。
今後、富士フイルムは、最先端の映像表現の領域で培ってきた光学技術を活かし、高性能な放送用レンズのラインアップのさらなる拡充を進め、放送業界をリードしていきます。
*1 8K対応の放送用レンズとして。2020年4月16日時点。当社調べ。

◆詳細はWebページをご覧ください。
https://www.fujifilm.com/jp/ja/news/list/3247?link=atp

現在、スポーツ中継やライブ・コンサート中継、ドキュメンタリー番組を中心に、高精細映像の普及がワールドワイドで進んでいます。日本において2018年12月に「新4K8K衛星放送」*2が開始され、また、中国でも8K放送の実用化に向けた動きが加速するなど、4K・8K映像のさらなる普及が期待されています。このような中、4K・8K対応の高性能な撮影機材に対するニーズが高まっており、特に4Kの4倍の解像度となる8K映像の撮影には、非常に高い光学性能を備えたレンズが求められています。
富士フイルムは、長年培ってきた高度な光学技術を駆使し、2001年に8K対応放送用レンズを開発。その後、ラインアップを拡充し、放送業界の高画質化を牽引してきました。

今回開発した「HP66×15.2」と「HP12×7.6」は、超高精細8K映像の撮影が可能な放送用ズームレンズです。8K対応の解像力のみならず、鮮やかな色再現と高いコントラストを実現しているため、ハイダイナミックレンジ(HDR)を活かした階調豊かな映像制作を可能とします。また、本年3月に発売したフォーカスデマンド*3「FUJINON EPD-51A-D02/F02」との組み合わせにより、精緻なフォーカシングが可能。高いピント精度が求められる8K映像の撮影を快適に行うことができます。
「HP66×15.2」は、15.2mmから世界最望遠1000mmまでの焦点距離をカバーするボックスタイプです。世界最高66倍ズームを実現しているため、遠く離れたスポーツ選手の決定的なプレーなどをとらえます。また、「HP12×7.6」は、世界最広角7.6mmから91mmまでの焦点距離を備えたポータブルタイプで、スタジアムなどを広く映した撮影が可能です。

富士フイルムが提供するフジノンレンズは、これまで高い描写力が評価され、世界中の映画、TVCM、スポーツ中継などのさまざまな撮影現場で採用されています。今後も、富士フイルムは、4K・8K対応レンズラインアップのさらなる拡充を進め、多様化する映像制作ニーズに応えていきます。

*2 「新4K8K衛星放送」は、BS・110度CSで開始された4K・8K放送のこと。
*3 放送用レンズのアクセサリーで、手元でフォーカスを調整するためのコントローラーのこと。
----------------------------------------------------------------------
富士フイルム お知らせ一覧
  ⇒ https://www.fujifilm.com/jp/ja/news/list?link=atp
富士フイルム株式会社
  ⇒ https://www.fujifilm.com/jp/ja?link=atp
※リンク先は本件掲載時点の情報であり、予告なく変更になる場合があります。
※本ページに記載している地名・人名など一部の文字で表示できない旧字体は新字体または平仮名に置き換えている場合があります。
※本ページに記載している個々の文章、図形、デザイン、画像、商標・ロゴマーク・商品名称などに関する著作権その他の権利は富士フイルムまたは原著作権者その他の権利者が有しています。