NHK紅白歌合戦出場歴をもつコーラスグループ「サーカス」によるコンサート 秦野市で開催決定 カンフェティでチケット発売

タウンニュース・エンターテイメント株式会社(神奈川県横浜市、代表:長谷智子)主催による『CIRCUS the reborn songs』が2022年1月15日(土) にタウンニュースホール(神奈川県秦野市)にて開催されます。チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 ⼤剛)にて11⽉1⽇(月)より発売開始です。

カンフェティで11⽉1⽇(月)よりチケット発売
https://www.confetti-web.com/

公式ホームページ
https://townnews-entertainment.jp/
「サーカス」公式サイト
https://soundcircus.co.jp/

タウンニュースホール初登場!
40年以上活動する男女混声コーラスグループのパイオニア「サーカス」によるコンサートです。

サーカス プロフィール

1978年『Mr.サマータイム』、1979年『アメリカンフィーリング』が大ヒット。男女二人ずつ、しかも3人姉弟+従姉というユニークなヴォーカルグループとして、音楽界に颯爽とデビュー。その後メンバーチェンジを経て現在のメンバーとなる。
洗練されたそのハーモニーは各方面より高い評価をもって迎えられ、レコード大賞編曲賞などを受賞。NHK紅白歌合戦など多くの音楽番組や多くのCM等でそのハーモニーを披露。コーラスグループのパイオニアとし日本のミュージックシーンに新たな風を吹き込んだ。

また”We love harmony!”を合言葉に全国各地でのコンサートツアーを開催。万博など様々なビッグイベントにも出演し服部克久、前田憲男らとの共演を機に多くのオーケストラ、ミュージシャンとの共演も果たす。一方、地元合唱団らとの共演も多く2011年5 月にはニューヨークの「JAPAN DAY」から招聘され、セントラルパークでライブを行っている。
35周年を迎えた2013年3月、メンバーの叶央介、原順子が卒業。それに伴いソロシンガーとして活動していた吉村勇一と、サーカスメンバー叶高の娘である、叶ありさが加入し新たなサーカスの歴史がスタート。

2013年4月にデビュー35周年の記念アルバム「We Love Harmony!」を、また5月には80年代 JPOPをカバーした「The Reborn Songs~80’sハーモニー」をリリース。
2015年10月から、コンセプトミニアルバム”POP STEPシリーズ”の制作をスタート。第1弾「Pop Step Jazz」を、2016年5月に第2弾「Pop Step Bossa」を、そして2017年1 月には第3弾「Pop Step Ballad」をリリース。

新生サーカスのテーマは「繋ぐ」。
親子世代の4人が奏でるハーモニーは、世代もジャンルも超えた音楽を生み出し繋いでゆく。
2018年3月ににデビュー40周年を迎え、同年4月、武部聡志をプロデューサーに迎えた40周年記念アルバム「POP STEP 40」をリリース。
またグループ活動と並行し各メンバーそれぞれソロ活動も行っている。
(公式Webサイトより)
https://soundcircus.co.jp/

開催概要「CIRCUS the reborn songs」

「CIRCUS the reborn songs」
開催日時:2022年1月15日(土)  開場 13:30/開演14:00
会場:タウンニュースホール(神奈川県秦野市南矢名1丁目5−13 タウンニュースビル 3F)

■ 出演者
サーカス(叶正子、叶高、叶ありさ、吉村勇一)/ピアノ:森丘ヒロキ

■チケット料金
前売: 6,500円
当日: 7,000円
(税込)

主催: タウンニュース・エンターテイメント株式会社