篠田真貴子氏推薦!工場の用務員から大企業のエグゼクティブへ。全米で映画化も決定した「すべて実話」の話題作

株式会社かんき出版(本社:千代田区 代表取締役社長:齊藤龍男)は、『FLAMIN’HOT 逆境に打ち勝つ「弱き者」の成功法則』(リチャード・モンタニェス/著 桜田 直美/訳)https://kanki-pub.co.jp/pub/book/details/9784761276249を2022年9月5日より全国の書店・オンライン書店等(一部除く)で発売いたします。

◆アメリカンドリームを成し遂げた男の成功法則

フリトレー工場の用務員から、ペプシコ副社長に上りつめた、すべてが実話の「燃えるようにホット」な成功物語!
全米で映画化も決定している注目の話題作が、ついに日本に上陸しました。

世界最大のスナック菓子会社・ペプシコの副社長であるリチャード・モンタニェスは、もともとは、貧しいメキシコ移民のゲットーで育ち、大学はおろか義務教育さえ十分に受けていない人物。
そんな彼が、ペプシコの子会社であるフリトレー工場の用務員からスタートし、どのように世界でもっとも売れたスナック菓子「フレーミング・ホット・チートス」を開発し、ペプシコで初めてのメキシコ系アメリカ人エグゼクティブであるペプシコの副社長に就任するまでになったのか。
そこには、熱い情熱と、すばらしいアイデア、逆境に打ち勝つ強い意志と知恵がありました。

まさにアメリカンドリームを体現したリチャード・モンタニェスによる、成功を手に入れるための法則が詰まった一冊です。

◆ビジネスパーソンを勇気づける、夢をかなえる10の教え

~本文 より~

育った場所は関係ない。年齢も、経歴も、今の地位も関係ない。たとえどん底にいても、誰もが自分のアメリカンドリームを実現することができる。
私はこの本で、夢をかなえる10の教えを紹介している。教えはすべて、多方面にわたり、なおかつ大いに成功した私自身のキャリアを通じて学んだものだ。そして率直にいって、私がここまで成功するとは誰も予想していなかった。私自身の体験から生まれた教えもあれば、私を支え、導いてくれたメンターや、私自
身がメンターとなって導いた人たちの体験から生まれた教えもある。どの教えも、その目的は、起業家のように考え、自分の運命を自分で切り拓くための道具をあなたに与えることだ。自分が今いる場所でチャンスをつかみ、大きな成功を収めるためのノウハウをあなたに授けたい。
成功するためには、自分に合った行動プランを立てなければならない。そのための貴重なリソースは以下の通りだ。

1 想像力という贈り物
見えないものを見る「ビジョン」という力を使って、画期的な「アイデア」を生み出す。

2 イニシアチブの力
「イニシアチブ」とは、率先して何かを行ったり生み出したりすることだ。この力を使って自分が勤める会社のニーズを読み取れば、上司や経営幹部の目にとまり、可能性が大きく広がることになる。それが自分の職務以外のことであってもかまわない。

3 未来の自分を実践する技術
「コンピテンス(能力)」と「エクセレンス(卓越)」の両方を大きく育てて理想の未来を実現する。時には、他の人が採用して効果があった戦略を借りることも必要だ。

4 行動すべきときと、行動してはいけないときを見分ける習慣
最高のアイデアには正しいタイミングがある。それを見きわめ、自分の運命が他人に盗まれないようにしなければならない。

5 意外な競争力
もっとも成功している「起業家」は、自分が愚かに見えることを怖がらない。起業の内容がちょっとした副業であっても、スタートアップであっても、あるいは社内で出世を目指すことであってもそれは同じだ。彼らの大胆さを研究することで、予期していなかった競争力が手に入る。

6「もし〜なら、どうなるだろう?」という質問の力
危機に対処するときは、「もし〜なら?」という仮定の質問をすることで、ライバルとの間に差をつけることができる。

7「本物(オーセンティック)」の物語
真実を語れば、あなたのアイデアに懐疑的な人たちを説得することができる。また、変化を起こすときは全員を変える必要はない。決定権を持つ人を説得するだけで十分だ。

8 敵を打ち負かす新しい方法
敵に足を引っぱられるのを避け、そしてもし必要なら、相手が予期していないようなまったく新しいゲームプランで立ち向かう。

9 自分だけのリーダーシップへの道
本物のリーダーのように話し、他者とつながる。そして彼らだけでなく、市場にも影響力を及ぼす。自分の考えを主張するときも、キャリアを再開発するときも、あるいは組織内で出世するときも、この力を活用できる。

10 あなたの中にすでに存在する真の偉大さ
あなたの中にはすでに偉大さが存在する。だから力強く前に進んでもらいたい。誰の許しも必要ない。たとえ「実現するまでは信じるしかない」という状況でも、自信と喜び、目的意識を持って人生を歩んでいく。

【目次】

PROLOGUE ハングリー精神に導かれて
SCENE 1 あなたは燃えるようにホットだ
——見えないものを見る「ビジョン」の力
SCENE 2 オーナーのように行動する
——重要なことが読み取れる「イニシアチブ」の力
SCENE 3 エグゼクティブのように考える
——理想の未来に必要な2つの重要な「能力」
SCENE 4 最高のアイデアは熱いうちにテーブルに出す
——行動すべきときを知らせる「タイミング」
SCENE 5 偉大なアイデアは愚かさの仮面をかぶっている
——大胆さに隠れている意外な「競争力」
SCENE 6 「もし〜なら、どうなるだろう?」から考える
——危機に対処するときの「質問」の力
SCENE 7 フレーミング・ホットなプレゼンテーション
——決定権者を説得できる「本物」の物語
SCENE 8 ケンカを売られたらゲームを変える
——敵を打ち負かすときの最強「テクニック」
SCENE 9 リーダーは言葉を大切にする
——自分だけのリーダーシップへの「道」
SCENE 10 偉大さはあなたの中にも存在する
——自分を信じる「力」

【著者プロフィール】

リチャード・モンタニェス
◎——発明家、起業家、慈善家、ビジネスエグゼクティブ。元ペプシコ副社長。自身の「バリオから重役会議室(ボードルーム)」までの旅は多くの人に刺激を与えた。モチベーショナルスピーカーとしても人気が高い。スナック菓子大手フリトレーの大ヒット商品「フレーミング・ホット・チートス」の生みの親として名を馳せ、「ヒスパニック・マーケティングのゴッドファーザー」と呼ばれる。貧しいメキシコ系移民の息子で、小学校6年生の途中までしか通っていないが、フリトレーの工場で用務員をしていたときに、メキシコ料理に欠かせないスパイスとチートスを組み合わせることを思いついてフレーミング・ホット・チートスを開発。後に10億ドル規模のブランドに育て上げる。現在は複数のNPOで理事を務め、アメリカの企業社会でもっとも大きな影響力を持つラティーノの1人として広く認められる。家族とともに南カリフォルニア在住。

【訳者プロフィール】

桜田 直美
◎——翻訳家。早稲田大学第一文学部卒。訳書は『THE CULTURE CODE 最強チームをつくる方法』『読むだけでぐっすり眠れる52の話』(いずれも小社刊)、『アメリカの高校生が学んでいる経済の教室』『アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書』(いずれもSBクリエイティブ)、『The Number Bias 数字を見たときにぜひ考えてほしいこと』(サンマーク出版)、『ロングゲーム 今、自分にとっていちばん意味のあることをするために』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など多数。

【書誌情報】

書名:『FLAMIN’HOT 逆境に打ち勝つ「弱き者」の成功法則』
定価:1,870円(税込)
判型:46判
体裁:並製
頁数:336頁
ISBN:978-4-7612-7624-9
発行日:2022年9月5日
https://kanki-pub.co.jp/pub/book/details/9784761276249

amazon:https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/476127624X/kankidirect-22/
楽天:https://books.rakuten.co.jp/rb/17267105/