RemoteMeetingが大幅に機能アップデート!AIを活用し、より使いやすく進化

〜バーチャル背景/背景ぼかし、ノイズキャンセリングで快適なWeb会議を実現。もう他のWeb会議には戻れない〜

遠隔ソリューションの専門企業であるRSUPPORT(アールサポート)株式会社(東京都港区、代表取締役:徐ヒョンス、以下「RSUPPORT」、URL:https://www.rsupport.com/)は5月11日、Web会議ソリューション「RemoteMeeting」URL: https://www.remotemeeting.com/ の大規模アップデートを実施しました。


今回のアップデートでは、高まっているWeb会議の需要や多様な利用シーンに対応し、より快適にコミュニケーションができるように、AIを活用したバーチャル背景機能、会議を効率的に運営するための進行役機能の強化など、大幅に機能を追加しました。

RSUPPORTではRemoteMeetingの機能追加を継続的に行い、新型コロナウイルスの感染拡大で導入が急速に進んでいるテレワークに対応しています。
社内の同じグループのユーザーであれば、99個の仮想会議室から会議室を選んで会議にすぐ参加できるLOUNGE(ラウンジ)機能に加え、AI技術を活用したノイズキャンセリング、100名まで会議参加者の顔が一目で確認できる表示モードなど、RSUPPORTの技術を生かした様々な機能によって、利用者の方がより使いやすいWeb会議を目指して参ります。RemoteMeetingにご期待ください!

追加された主な機能

バーチャル背景

バーチャル背景を利用してプライバシーを守る
バーチャル背景を利用してプライバシーを守る

RemoteMeetingではAIを活用し、人物と背景を正確に合成し、選択した背景を表示することができます

背景ぼかし

AIを活用して人物以外だけを正確に認識し、会議を行っている場所を分からなくする
AIを活用して人物以外だけを正確に認識し、会議を行っている場所を分からなくする

AIを活用して、背景を人物をきれいに分離します。背景をしっかりぼかすことができ、プライベートを守ります。RSUPPORT独自技術で、CPU利用量を20%(*) カットしました。

*当社調べ

ノイズキャンセリング

周囲の雑音を排除し、発言者の声だけを認識して拾う
周囲の雑音を排除し、発言者の声だけを認識して拾う

RemoteMeetingのAIは、会議中に聞こえてくるキーボードやマウスの音、PCのファンの音や犬の鳴き声にいたるまで正確に除去し、発言者の声をクリアに伝えます。

100拠点同時表示

同時に100拠点の参加者を投影することが可能
同時に100拠点の参加者を投影することが可能

同時に100拠点まで会議に参加可能で、また100拠点の参加者を同時に画面投影ができます。ぜひ、セミナーやイベントでもRemoteMeetingを活用してください。

■RemoteMeetingについて

RemoteMeetingを使うと、PCにソフトウェアをインストールする必要なく、WebブラウザさえあればWeb会議をすることができます。画面・ドキュメントの共有機能はもちろん、画面録画、AIによる議事録作成機能を搭載した共同作業ツールとして出勤や長距離移動をせずにオンライン上で共同作業をすることが可能になります。在宅勤務・テレワークの環境をすぐに作ることができます。

RemoteMeetingは、14日間無料で全ての機能をトライアル利用することができます。専用申請ページより、トライアルアカウントを登録し、豊富な機能をぜひお試しください。

・製品サイト:https://www.remotemeeting.com/ja/home
・トライアル申請ページ:https://www.remotemeeting.com/ja/account/agree