「パワハラ防止法の対象にもなるコロナ問題」を解説

「検査もしないで出社するなんで、私に感染したらどうしてくれるんだ!」

IT企業のコールセンターに勤務しているAさんは、先日体調を崩し3日間ほど会社を休みました。37.2度の発熱に加え、せきが出る症状もあったことから新型コロナの感染も疑われましたが、周りに濃厚接触者もおらず、翌日には熱も下がったため、自宅で安静にしていました。念のためにAさんは地域の「新型コロナコールセンター」に連絡し、最寄りの保健所の相談窓口の連絡先を教えてもらい電話相談も行いました。しかしながら、他の感染者との接触履歴の有無、およびAさんの現在の症状などから「受診は不要」と判断され、PCR検査などは受けられませんでした。翌日には熱も下がり、せきも収まったので、会社に出社しようと思いましたが、念のためのもう一日大事を取った後、出社しました。

ところが、出社したAさんに対する周りの同僚からの反応は次のようなものでした。「検査もしないで出社するなんで、私に感染したらどうしてくれるんだ!」「こんな時期に体調を崩しておきながら、よくすぐに会社に来れるね。なんて無神経なんだ!」

まるでAさんが感染者であると決めつけるようなせりふを言う人が一人や二人ではありませんでした。Aさんは、保健所にも相談したことや「受診は不要」と言われたことなどを説明しようとしましたが、聞く耳をもってくれません。なかにはAさんの座席から遠ざかる人や「怖いから近寄らないでほしい」という人もいて、いたたまれなくなったAさんはその日は会社を早退。その後、出社することが怖くなり、このまま会社辞めようと思っています。