GfKとChief Marketing Officer Council(CMOC) が 世界のトップ企業におけるCMOの意識調査を共同発表。

GfK(https://www.gfk.com/ja/home) はこの度、CMOC (https://www.cmocouncil.org/) と共同で世界のトップ企業における300人以上のマーケティングリーダーを対象とした調査を行い、その内容を発表致しました。それによるとアジア太平洋地域におけるマーケティング担当者の4人に3人は、自社のデータ、分析、インサイトに少なからず疑問を持っているという結果が出ました。

【概要】
・マーケターの85%が、競争上の優位性を獲得するには顧客データへの直接アクセスが不可欠であると回答している反面、実際に顧客データへのアクセス頻度が高いと答えたマーケターはわずか9%。
・データ収集後、実用的なインサイトにすばやく移行できると答えたマーケターはわずか18%。

CMOCについて (Chief Marketing Officer Council)
CMOC、CMO評議会は、幅広いグローバル企業のシニアコーポレート マーケティングリーダーとブランド意思決定者の間で、高レベルの知識交換、ソートリーダーシップ関係の構築に特化したエグゼクティブによる唯一のグローバルネットワークです。複数の業界、セグメント、市場をカバーする110か国以上の65,000人以上のグローバルエグゼクティブが会員に含まれています。www.cmocouncil.org