日本最大の唐揚げファン団体が初めてフランチャイズ事業を後押し

日本唐揚協会、シェアードFCを支援

からあげシェアードフランチャイズイメージ
からあげシェアードフランチャイズイメージ

 一般社団法人日本唐揚協会(理事長、やすひさてっぺい)は、からあげグランプリ©️金賞及び最高金賞受賞店の唐揚げ1品をフランチャイズする、シェアードフランチャイズへの支援をを5月19日より開始致します。

なぜ、からあげシェアードFCを支援するのか

 未曾有の経験をした我々はこれからの人生100年時代に向けて、自身で稼ぐ力やノウハウを確保することは、ある意味必須であると考えます。そんな中、我々日本唐揚協会ができることはなんなのかを熟考に熟考を重ね、このからあげシェアードフランチャイズとして支援していくことを考えました。

なぜ受賞唐揚げをのれん分け(からあげシェアードFC)するのか?

・我々日本唐揚協会は世の中に美味しい唐揚げを食べる機会を増やす為に我々は存在している
・流行病により飲食店が大打撃を受けている中、これ以上美味しい飲食店が潰れるのを見たくない
・今以上の知名度が必要な金賞唐揚店とブランドが必要な飲食店を橋渡しできるのは日本唐揚協会の支援しかない

上記3点が基軸となります。

からあげシェアードFCへの想い

 まず大前提として、我々日本唐揚協会は唐揚げを通じて世界平和を実現する為には、少なくとも日本全域に金賞、最高金賞受賞店が当たり前の様にあって欲しいと願っていますし、当たり前のように近くにある存在であるべきだと考えています。
 そもそも唐揚げという料理は、食べる子どもたちだけでなく、大人も笑顔になれる魔法のご馳走であります。そんな魔法のご馳走の中でも最高峰である受賞店の味を、大人も子どもも気軽に揚げたての味を食べてもらいたいという願いが軸としてあります。
 その為に日本唐揚協会は存在しているのですが、現状会員数は着実には伸びていますが、受賞店の唐揚げを提供する場所(店舗)の拡大への着手は未だになし得ていないのが現状でした。
 そんな中、一部の「からあげドリーム」を成した人たちを見て、唐揚げで生きていきたい人が増えていますが、今から始めるとなるとその道は険しく、多大なリスクを負った上(店舗を構える為の資金と労力、ノウハウ)でないと叶えられないのが現状です。
 だからこそ、簡単にチャレンジできてリスクを極端に抑え、金賞受賞の唐揚げの味を気軽に食べられる世界を実現したいと考え、からあげシェアードFCを支援することこそが、その手段として最良だと考えたのです。

からあげFCの全体像

からあげシェアードFCイメージ図
からあげシェアードFCイメージ図

1.知名度を揚げたい金賞、最高金賞受賞店
2.美味しい受賞店の味を届けたい、日本唐揚協会
3.ブランドの力で店舗やキッチンカーの売上を揚げたい、飲食店
4.身近で受賞店の味を楽しみたい、からあげファン 

この三方良しを超えた、四方良しを実現できるのが『からあげシェアードFC』です。

上から順番に説明いたします。

知名度を揚げたい金賞、最高金賞受賞店

 からあげグランプリ®️金賞、最高金賞 受賞店 は長い研鑽の末にグランプリを受賞しております。ある意味、美味しいことを保証された唐揚げです。しかし、それでも唐揚げ一筋でやってきた受賞店は、そのブランドを活かして広くおいしさを届けるということは今までやったことがないのが現実です。せっかくのブランドを活用しきれず、地元の人にのみ愛されるのみで、次のステップへ踏み出すことができないのもまた事実であります。
これを、シェアードFCのシステムにより、知名度を広げるための仲間を募集していくという形となり、受賞店は知名度向上のメリットを享受することとなります。

美味しい受賞店の味を届けたい、日本唐揚協会

 日本唐揚協会は世界中に唐揚げや美味しさを伝えることにより、世界平和を目指す団体です。至る所で美味しい唐揚げが食べられる世界を実現するために存在しています。そこで、協会としては受賞店の知名度を広げつつ、美味しい唐揚げを至る所で提供してくれる仲間を集め、美味しいをより広く深く伝播していくことをしていきます。逆に、協会でなければこの仕組みは提供できないのではないと考えました。
そして、このシェアードFCの実施を唐揚商事株式会社に全面的に協力してもらい、受賞店と飲食店の橋渡しを世界中に展開することで、世界平和の一助となると信じています。

ブランドの力で店舗やキッチンカーの売上を揚げたい、飲食店

 「美味しい」「幸せ」などの食に関する大いなる付加価値を提供してきた飲食店ですが、ニューノーマルと言われる時代を迎え、未曾有の危機に瀕していることは間違いありません。そこで「三お」(おやつ、おかず、おつまみ)、「三食」(外食、中食、内食)と言われる食のシーンにおいて全てを網羅する唐揚げを、ブランド価値のある状態で美味しく直接提供することにより、既存の売上にプラスして唐揚げの売上を揚げることができる方法として、このシェアードFCが活用できるのではないかと確信しております。金賞唐揚げの美味しさと知名度を広げる仲間として協力する流れで、既存店の売上を確保してくことが可能となるわけです。

身近で受賞店の味を楽しみたい、からあげファン

 唐揚げが嫌いと言う人は、そこまで見かけることはありません。大抵は唐揚げと共に育ち、あらゆるシーンで定番となっている日本人のソウルフードと言っても言い過ぎではないと思われる唐揚げ。ですが、大抵の人は本当に美味しい唐揚げを食べずに、身近な唐揚げで100%の満足を得ています。日本中にある名店と言われる唐揚げを食べにわざわざ出向くという人は唐揚げのマニアと言えますが、普通に唐揚げは美味しいと感じている、普通の唐揚好きは、名店と言われる美味しい唐揚げとの接点がないまま過ごしています。しかし、食べられるものなら本当に美味しい唐揚げを食べてみたいと思っているのは明らかです。そこで、このシェアードFCを利用した店舗が近くにできれば、接点を持ち、世界クラスの美味い唐揚げを食することができる様になると言うことです。

このように、あらゆる人たちが唐揚げを通じで平和を感じることができるかもしれない可能性を、シェアードFCに感じ支援をしていこうと覚悟を決め、今日に至ります。

からあげシェアードFCとは

一言で言えば「一品フランチャイズ」です。
からあげグランプリ©️ 金賞、最高金賞 受賞店のタレと看板を利用できるシステムです。通常のフランチャイズほどの細かな規定は無いのですが、金賞、最高金賞を掲げた看板を出すことができ、受賞唐揚げを提供するための揚げ方や仕込み方などのノウハウの研修、デリバリーサービスへの登録などを含みます。
つまり、唐揚げ部分に関してなど絶対に崩してはいけない部分はキッチリと研修しクオリティを維持できるような教育をしつつ、それ以外の運営部分に関してはお店側で自由な裁量を持つことが可能な、受賞唐揚げの簡易フランチャイズ制度です。

飲食店、もしくはこれから飲食店を始めたい方、店舗やキッチンカー の方々が対象となる簡易フランチャイズ制度となります。

<対象者>
・ これからお店を開きたい方
・ これからキッチンカーで唐揚げを販売したい方
・ 既存のお店のメニューに売りになる唐揚げを一品加えたい方
・ 既存店の売上が落ち込み、からあげのデリバリーを開始して売上を補填したい方

からあげシェアードFC説明会を開催

からあげシェアードFCは、日本唐揚協会が提唱し、フランチャイザー(フランチャイズ制度提供者)として唐揚商事株式会社(東京都世田谷区、代表取締役 宮脇小百合)が実施運営を致します。
唐揚商事にてからあげシェアードFCについての詳細を説明する説明会を開催いたしますが、詳細は5月19日以降、日本唐揚協会のシェアードFCページ(https://karaage.ne.jp/event/sharedFC/sharedFC.html)にてお知らせ致します。