《抽選で3名様に生うにが当たる》キャンペーンを開始!北三陸産とろける『生うに』食べてみた【旅する久世福e商店】

 株式会社サンクゼールは、2021年6月5日(土)より、産直型オンラインショップ「旅する久世福e商店」通称”たびふく”にて、抽選で「洋野うに牧場の四年うに」が当たるキャンペーンを開始いたしました。そこで、これから旬を迎える絶品の生うにをスタッフが実食!そのレポートともに、キャンペーンについてご紹介いたします。
※一部産地直送以外の商品を含みます。

水揚げまでになんと4年!北三陸の美しい海で大切に育てられたうには、今まさに旬に突入!

 今回ご紹介するのは、岩手県洋野(ひろの)町の「北三陸ファクトリー」さんの生うに。北三陸ファクトリーさんは、北三陸を発信する海産物加工メーカーで、主力商品のうには、水揚げまでに約4年をかけて、大切に育てています。稚うにを沖に放流し、大きくなってから沿岸の「洋野うに牧場」に移して、昆布をたっぷり食べさせて仕上げたのが「洋野うに牧場の四年うに」。水揚げしてすぐに、熟練の手技で加工・出荷しています。

洋野うに牧場
洋野うに牧場
牧場育ちの北紫雲丹(キタムラサキウニ)
牧場育ちの北紫雲丹(キタムラサキウニ)

北三陸の生うにのシーズンは、4月中旬から8月中旬のごく短い期間で、これからの6~7月はうにの最盛期。5月に出ていた新物がさっぱりとした味わいなのに比べ、だんだんと身がふっくら肥えて、濃厚になっていくのだとか!旬前半の6月は、旨味・甘味がベストバランスの「早獲りうに」、そして旬後半の7月は、甘みが最高潮に達する「完熟うに」となるそうです。
時期によって違う味わいを楽しめるのも一つの魅力ですね。

たびふくスタッフがお取り寄せして、食べてみた!

 ということで、たびふくスタッフが実際にお取り寄せ。撮影は5月末だったので、今回スタッフが食べているのは新物のうにです。(早獲りうにも、完熟うにも食べたい…)

注文から数日後。届いた荷物を開けると…説明書の下に、パックにぎっしりの生うにが!

手に持ってみると、サイズはこのくらい。
手に持ってみると、サイズはこのくらい。

水中で身が揺れていて、なんだか生きているみたいですね。実はこの「塩水」で保存していることにも意味があります。通常は、うにの身の型崩れを防ぐために添加物であるミョウバンを使うのですが、北三陸ファクトリーさんの生うには「塩水うに」で、ミョウバンなどの添加物は一切使用していません。窒素ナノバブル紫外線殺菌海水を使用し、産地で獲れたて・剥きたてで食べるのにとても近い味を保っているそうです。

獲れたて・剥きたてに近い!これは期待大です。さっそく開けてみましょう!

一緒に届いた説明書に、容器の開け方・水切りの手順が写真付きで書いてあります。
一緒に届いた説明書に、容器の開け方・水切りの手順が写真付きで書いてあります。

パックのつなぎ目を剥がして、容器を抑えながら、ゆっくりと開けます。
(勢いよく開けると塩水がこぼれるので注意してくださいね)

容器の中にはザルが重なっていて、それを持ち上げると簡単に水切りができます。
※水切り後、そのまま水切りトレーごとキッチンペーパーに乗せて冷蔵庫で30分ほど冷すと、よりおいしくなっておすすめだそうです!

わあ~~~まぶしい!
わあ~~~まぶしい!

まずは何もつけずに、そのままいただきます!

・・・!?うにが、とろけた!!!

磯の香りを感じるとともに、広がるクリーミーな味わい。後味もくどくなく、臭みも感じません。なんて食べやすいんでしょう!

その食べやすさを証明したのが、生うにが苦手だという、実食レポのカメラマンを担当しているスタッフ。「これなら私でも食べられる!」と大絶賛でした!

海から獲ってきたばかりのうにを食べているような、新鮮そのもの!を感じる味わいです。

もちろんわさび醤油をつけてもおいしいですが、まずは何もつけずに食べてみてください!これぞ生うに!をダイレクトに感じられますよ。

そしてそして…やはり、絶対食べたいのが、うに丼!
身が崩れないように慎重に。一粒一粒、丁寧に盛り付けていきます。

うにの繊細さに、息をするのも忘れるほど。笑
周りのスタッフも息をひそめて、物音を立てないように、うにの行方を見守ります。



・(静寂)

へい!お待ち!
へい!お待ち!

なんと神々しい。拝みたい。後光が差すかのように、キラキラして見えます。
もう、まぶしくて贅沢すぎて、うっとり。

少しだけ醤油をかけて 
少しだけ醤油をかけて 
いただきます!
いただきます!

ごはんの温かさで、ますますうにがとろけます…!
こんなにおいしいうにを、口いっぱい頬張れるなんて…贅沢すぎて、幸せすぎます。

そして、北三陸ファクトリーさんには、まだまだおいしいものがたくさん!この後、一緒に注文しておいた「うにバター」、「しめ鯖」も実食しました。ぜひこちらもご覧ください!

洋野うに牧場の四年うに/ UNI&岩手産バターSPREAD
洋野うに牧場の四年うに/ UNI&岩手産バターSPREAD
【大虎鯖刺し】伝説のしめ鯖
【大虎鯖刺し】伝説のしめ鯖

「洋野うに牧場の四年うに」を3名様にプレゼント!

 旅する久世福e商店では、こちらの記事でご紹介した商品が抽選で3名様に当たるTwitterキャンペーンを実施中です!

開催期間:2021年6月5日(土)10:00~6月11日(金)23:59
特典内容:Twitterからキャンペーンにご参加いただいた方のうち、抽選で3名様に「100g入/「洋野うに牧場の四年うに」100g入り塩水パック(冷蔵)うに丼1.5杯分」をプレゼント。

▼キャンペーン参加方法
① 旅する久世福e商店(@kuzefuku_arcade)の公式Twitterをフォロー
② Twitterのキャンペーン投稿をリツイート
※ #たびふく を付けてコメントや引用リツイートすると、当選率アップ?!

まるで獲れたてのようなうにのおいしさ、ぜひご自宅で堪能してみてはいかがでしょうか。

商品情報

商品名  :100g入/「洋野うに牧場の四年うに」100g入り塩水パック(冷蔵)うに丼1.5杯分
販売価格 :2,980円(税込)
商品ページ:https://kitasanrikufactory.kuzefuku-arcade.jp/?page_id=13&eci_product=7

商品名  :洋野うに牧場の四年うに/ UNI&岩手産バターSPREAD
販売価格 :3,480 円(税込)
商品ページ:https://kitasanrikufactory.kuzefuku-arcade.jp/?page_id=13&eci_product=uni-butterspread60

商品名  :【大虎鯖刺し】伝説のしめ鯖
販売価格 :1,944 円(税込)
商品ページ:https://kitasanrikufactory.kuzefuku-arcade.jp/?page_id=13&eci_product=10

旅する久世福e商店とは

「旅する久世福e商店」は、久世福商店の目利きが、全国津々浦々つくり手を訪ね、選りすぐりのお店を集めたオンラインショップです。旅で見つけたごちそうや、つくり手の想いを皆さまにお届け!日本全国を旅する気分で、心ときめく逸品を見つけてみてください。

▼SNSも更新中
Instagram:https://www.instagram.com/kuzefuku_arcade/
Twitter:https://twitter.com/kuzefuku_arcade
Facebook:https://facebook.com/kuzefuku.arcade/
LINE:https://lin.ee/6TnvzE7

会社概要

会社名 :株式会社サンクゼール
本社  :長野県上水内郡飯綱町芋川1260
代表者 :代表取締役社長 久世 良太
創業  :1979年
設立  :1982年
事業内容:ジャム・ワイン、その他食品の製造販売、
     ワイナリー、レストラン、売店などの直営、
     及びフランチャイズ展開
ホームページ URL       : https://www.stcousair.co.jp/company
オフィシャルオンラインショップ: https://kuzefuku.com
楽天市場店          : https://www.rakuten.co.jp/sc-rkt/