400名10クラス ほとんどの3年生が受講  前例のないオンラインでの訓練型キャリア支援

「キャリア形成演習」2020年10月3日、10日実施

麗澤大学(千葉県柏市/学長:徳永澄憲)は、新型コロナウィルス感染症拡大を防ぐため、2020年4月からの授業をすべてオンラインに切り替えて実施しました。9月からの後期も、一部対面授業が再開しますが、多くの授業をオンラインで実施する予定です。

通常であれば就職活動を行う3年生を対象に、キャリア教育の一環として「キャリア形成演習」という授業を対面で実施しますが、今回オンラインで実施することを決めました。

400名もの学生が10クラスに分かれ、それもオンラインで訓練型の演習を実施するのは前例がなく、初めての試みです。本演習では就職活動における筆記試験以外の対策を実施するもので、基本的はマナーから、書類の書き方、模擬面接や企業研究など多岐にわたり訓練します。

3年生のほとんどが参加を希望する本演習は、実際に就職活動を終えた4年生もクラスにサポート役として入り、後輩からの質問に答え、より身近な存在として力強くサポートします。

キャリアセンターは「学生にできるだけ早く自分の将来と向き合い考える機会にしてほしい、そして自分が働きたいと思った企業に合格できるだけの自己表現力を養ってほしいという想いを持って同授業を作っています」とコメントしています。

「キャリア形成演習」の概要は以下をご確認ください。

オンラインでの「キャリア形成演習」の様子
オンラインでの「キャリア形成演習」の様子

キャリア形成演習について

■授業名:キャリア形成演習
■実施日:10月3日(土)、10月10日(土) 
※9月15日(火)、16日(水)、17日(木)は実施済み
■実施時間:1~3限(9:00~14:40)※昼休憩あり
■内容:書類や履歴書の書き方、マナーやメールの書き方、
    模擬グループディスカッション、模擬面接、業界及び企業研究の方法 など
■対象:本学に所属する3年生(約600人)
※授業のため、わずかですが4年生が参加することもあります。

麗澤大学について

麗澤大学は昭和10年、創立者の廣池千九郎(法学博士)が「道徳科学専攻塾」を現在のキャンパス(千葉県柏市光ヶ丘)に開塾したことから始まります。心豊かな人間性を養い、国際社会に貢献できる人材の育成をめざし、今では大学・高校・中学・幼稚園を開設しています。また留学生の受け入れも積極的に行っており、キャンパスには世界約30の国・地域から留学生が集まり、さまざまな言語が飛び交っています。