【アンケート結果】12/3は妻の日ですが...妻への感謝の形は何が一番?

妻に感謝する日である『妻の日』で、どのような愛情表現・感謝の形が喜ばれるかアンケートを実施!

12月3日は妻の日ですが、デジタルレクリム株式会社(本社:東京都板橋区/代表取締役:中村匠吾)では、20~30代の女性(既婚者)向けで、夫からどのように感謝されるのが一番嬉しいのか、アンケートを実施いたしました。


そもそも妻の日って?

妻の日が制定されたのは1995年(平成7年)のことで、凸版印刷によるキャンペーンで生まれたとのことです。

年の最後の月である12月で、1年間頑張ってくれた妻に対して感謝するという意味合いで、サンクス(3日)を理由に12月3日が妻の日になりました。

家事や仕事など、働いている女性・パートナーへ感謝を伝える特別な日で、普段はそっけない態度を取る男性も妻の日では、感謝の気持ちを伝えてみるといいですね!

妻はどういった感謝の形が喜ぶのか?|アンケート概要

弊社(デジタルレクリム株式会社)では女性の美容・健康に関する情報をお届けしている『全身脱毛診断メーカー』も運営しており、20~30代女性の趣味趣向を調査する一環で今回、下記アンケートをいたしました。

【アンケート概要】
インターネット上にて、20~30代の女性100人(既婚者)を対象に『妻(女性側)は男性からどういった形で感謝されたいですか?』という質問を実施

・回答者の地域:全国各地
・アンケート実施日:2019年11月28日

アンケート結果|妻が最も期待しているのは『ありがとう』の言葉!

アンケートの結果、女性・妻側が最も喜ぶのは感謝の言葉で伝えてくれることでしたね!

2位ではお花やケーキなどのプレゼントが入っており、感謝の言葉とあわせて小さなものでもいいので、気持ちのこもった贈り物をするのがベストではないでしょうか。

1位:感謝の言葉と答えた人のコメント

●いつも言われないことだから、ありがとうと言ってほしい(32歳女性:東京都)

●年末は出費がかさむ時期だから、無理にお金を使うよりは言葉で伝えてくれた方が嬉しいですね(29歳女性:愛知県)

●土下座をして今までのこと全部謝った上で、感謝の言葉を言ってほしい(38歳女性:福岡県)

シンプルな言葉が一番で、高価なもののプレゼントだと逆に気を遣うといった意見が多かったですね。また、中には不穏な理由(土下座しろ)もあり、夫への不満を常日頃抱えている女性も少なくないでしょう...

2位:プレゼント・3位:家事手伝いと答えた人のコメント

●家事に給料はないからプレゼントで補ってほしい(34歳女性:東京都)

●2人で食べられるようなおいしいケーキ等を買ってくれたら、嬉しいです(30歳女性:大阪府)

●さりげなく家事をしてくれると、けっこう助かります(29歳女性:岡山県)

プレゼントもそれほど高いものでなく、お花やケーキなどもらって嬉しいものであればいいですね。

言葉だけでは気持ちがこもっていない、と感じる女性もいるかもしれませ。男性側は『ありがとう』と言ってお花を渡し、食器洗いや掃除を手伝うというところまで気を遣えると、最高の『妻の日』になるのではないでしょうか。

女性のライフスタイル・美容のお役立ち情報についてもっと詳しく!

今回は妻の日に関連したアンケートを実施しましたが、弊社の運営サイト『全身脱毛診断メーカー』では女性のライフスタイルや健康・美容に関する情報も随時アップしています。

夫婦での話題やトレンド情報など、役立つ記事が満載ですのでこちらもぜひお読みくださいませ!

また、美容脱毛に関するコンテンツも人気で、来年の夏に向けての脱毛で参考になりますのでこちらもどうぞ!

お問い合わせ・会社情報

名称:デジタルレクリム株式会社
本社:〒173-0004 東京都板橋区板橋1-48-9 建材ビル6F
代表者:代表取締役 中村匠吾
資本金:300万円
Tel:03-6869-0653
Fax:03-6779-4718
URL:https://digital-reclame.com/
事業内容:最適な広告運用のベストパートナーとしてお客様のお手伝いをいたします。