自分はどっち?転職ってムズカシイ・・・いいえ!転職で成功する人、失敗する人には違いがあった!

異業種転職では「リセット」する気持ちが大事

異業種転職の志望理由は・・・

「憧れの業界に入りたい」
「成長している業界に身を置いて、自分も成長したい」
「給与がいい会社で、キャリアの幅を広げたい」

さらなるステップアップを目指す方も多いですが、
異業種転職の難しさは、業界によって常識がまったく異なることです。
業界が変わり、扱う商材の種類が変われば、
開発にかけられる期間や担当する商品の数、
プロジェクトに関わる人数などが変わります。
また、仕事に対する評価の軸や部署の雰囲気、
またまたそこで働く人のタイプも異なります。
社内で使用される業界用語や仕事の進め方、
スピード感なども一変するため、
前職で動いていたように仕事をしていても、
パフォーマンスを発揮できないケースも生じてくるのは事実です。
異業種転職をする際は、前職での成功体験に固執するのではなく、
「オールリセット」するくらいの気持ちで挑んでいただくことが
何よりも大事ではないかと思います。

異業種転職でぶつかる壁

そもそも書類選考や面接に通過しない
求人誌と面接では内容が相違していた
入社したけれど合わなかった

1、書類選考や面接に通過しない理由と対策
まず、なかなか書類や面接が通らない理由の一つに、
「異業種への転職自体が目的になっている」事がなどが挙げられます。
志望理由を伝える際は、
×なぜこの業界に転職したいのかだけではなく、
◎なぜこの企業なのか、
◎なぜこの職種なのかを明確にする必要があります。

面接で企業側が知りたいのは、
「あなたの経験やスキルが、当社でどう役立つのか」という点です。
「前職で得たキャリアを御社の〇〇の仕事内容に活かすことができる」と、
説得力を持った上で説明できなければ、
企業側の納得感は得られません。

自分が面接官ではどうでしょうか?
20代半ばまでの若年層であれば
「この業界に入りたい」「こんな仕事がしたい」
という熱意とポテンシャルで採用される可能性はなくはありません。
しかし、20代後半から30代、40代と年次を重ねていけば、
それ相応の即戦力として活躍できるかどうかを問われます。
自身が経験したプロジェクトの期間や規模、
目標数字、開示できる範囲の固有名詞など、
面接担当者が具体的にイメージできる情報をきちんと伝えましょう。
達成した仕事の難易度やレベル感を理解してもらえるよう、
客観的な事実を盛り込み、いかに即戦力で働くことができるか、
共通の認識を持つことが大事です。

2、入社後のミスマッチが起きる理由と対策
入社はしたが、社風や仕事内容が合わなかったという場合は、
その業界・企業で働くイメージをあなた自身が、
転職活動の中で持てていなかった可能性があります。
業界が変わると、働き方をイメージするのが難しい上、

「その業界に行きたい」
「そのサービスを扱いたい」
「その職種にチャレンジしたい」という思いが先立ち、
日々の業務の進め方をイメージできずに転職活動を行いがちです。
入社後のミスマッチを起こさないためには、
事前にコーポレートサイトや採用サイトをチェックし、
業界の情報や仕事内容、求めている人材像や社風などをイメージすること
そして、企業説明会、面談、面接では、
この企業が、どんな人材を求めていて、
どんなスキルやコミュニケーションを必要としているのか、
また自身が入社した後を具体的にイメージしながら、
気になることは積極的に聞いてみることが大切です。

3、これまでの経験を踏まえ、転職する理由がはっきりしている
転職においては、長期的なキャリアプランを立て、
そのために今回の転職で何を実現したいのかを考えるのが重要です。
そのため、転職する理由がはっきりしている人、
こちらは転職に成功しやすいです。

*自分の欠点や弱点を理解している
転職は、自分自身を商品として売り出すことでもあるため、
自己分析が非常に重要になります。
自らのキャリアにおいて、
人より優れている点や得意な業務、分野、スキルなども
これまでの経験から洗い出しましょう。
そのうえで、長所だけではなく欠点や弱点も分析し、
どのように克服すれば長所につなげられるか、
相手に説明できることが大切です。

*欠点を理解したうえで面接で自己アピールできる
欠点を自己分析したうえで克服できればベストですが、
面接で自分の欠点について質問されたとき、
欠点を長所として自己アピールにつなげられるよう
日常生活から考えておきましょう。
たとえば、心配しがちという欠点は、
物事に対して慎重なため、大事な事に臨むときは、
常に確認しながら進めていると言い換えが可能です。
心配しすぎ=慎重派
視点を変えれば長所につながる欠点を選んでいければ
その改善法を述べるのがポイントになります。

*転職先や条件にこだわらず、真摯に転職活動できる
転職においては、最優先したい条件を決めておき、
転職先や待遇などにはそれほどこだわらない人、
姿勢でいることが転職で成功しやすいです。

*ひとつの企業に執着しない
中途採用は新卒採用より定員数が少ないのに加え、
書類選考や数度の面接など、
採用に至るまでの道のりが長い傾向があります。
そのため、複数の企業へ応募することも重要です。

*年収や待遇にこだわらない
こだわっていないと言えば嘘になりますが、
やりたい仕事・年収・待遇など、
すべての条件を叶える企業に転職するのは非常に難しいです。
そのため、希望する条件に優先順位をつけ、
譲れない条件などはできる限りひとつに絞り、
転勤なし
土日祝休み
年間休日120日以上
その他の条件は柔軟に交渉したほうが、
転職先の選択肢が広がり成功につながります。

*履歴書や職務経歴書を使い回さない
履歴書や職務経歴書は志望先の企業によって、
何を軸に経歴や職務内容をまとめるか、
当然アピールポイントが異なってきます。
そのため、志望先の企業ごとに作成するのが前提となります。
履歴書や職務経歴書を使い回すことを想定していると、
どの企業にもあてはまる汎用的な内容になってしまいます。

*転職する時期を見極める
転職は時期や運に左右される要素もあるため、
転職する時期を見極めることも非常に重要です。
一般的には、3〜4月の年度末前後、
9〜10月ころなどは転退職者の補充などで中途採用も多くなります。
外資系やグローバル企業の転職シーズンは8月のお盆シーズン、
12月のクリスマスシーズンを除いて通年行っています。
ただ、最近の状況下では、これまでの常識が通らないこともまた事実です。
もちろん採用が増える時期は業種によっても違ってくるため、
希望する業界の情報収集をして採用が増える時期を狙いましょう。

☆転職の力強い助っ人☆
ジョブレポは下記のリンクから(^^)

掲載企業数2000社以上!
転職に役立つ事間違いありません☆