東大法学部卒タロット占師が悩める読者を導く 初の単著『ムンロ王子のタロット運活術』を発売

鑑定2万人、競馬的中率5割のムンロ流特別レッスン

株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 瀬津要)は、2022 年6月6日に『ムンロ王子のタロット運活術』(ムンロ王子 著/税込 1,760 円)を発売しました。著者は東大法学部を卒業後、IT会社を企業、シャンソン歌手もこなす異色のタロット・カウンセラーです。スポーツ紙の競馬予想では勝率5割を超え、これまで延べ2万人を占ってきました。本書は、相談者から「恐いほど当たる」と評判の著者が、タロットカードの読み方と占い方を初心者へ向けてわかりやすく解説した入門書です。カードの声を読者が聞きのがさないように、ムンロ王子が教え導きます。

『ムンロ王子のタロット運活術』書影
『ムンロ王子のタロット運活術』書影

東大法学部卒、大手メーカー勤務から起業まで異色の経歴の持ち主

著者とタロットとの出合いは、大学卒業後大手電機メーカーに就職した頃に遡ります。友人に頼まれタロット占いをしてみたところ、あまりに当たる占い結果に、人生経験を積んで適切なアドバイスができるまでは、闇雲に他人の未来を覗き視るべきではないと、タロット占いを封印。その後、旅行業向けオンライン予約システムを扱ったITベンチャー企業の社長として、経営も順風満帆だった中、「リーマン・ショック」の影響で業態変更を余儀なくされ、それまでの「封印」を解き、タロット占いのシステム開発に取り組みます。このプログラムのために始めたタロット占いが当たるとクチコミで評判となり、メディアにも取り上げられるようになりました。

テーマは「運を活かすタロット占い」

タロットカードは哲学的要素の強い大アルカナ22枚と、相談者の状況を図柄で示す小アルカナ56枚から成り立っています。本書では、人生を方向づける大アルカナの読み方と占い方を解説。各カードには“ムンロ王子の運活Message”も付いています。西洋占星術では2020年12月22日に大転換期を迎え、今後約200年続く「風の時代」が始まりました。あっという間に風向きの変わる“変化の時代”に、タロット占い初心者へ向けて、ムンロ王子がカードの読み方から占い方まで、わかりやすくレッスンします。

運を活かす、というのがこの本のテーマですが、運を活かすにはタイミングがすべてです。人生に訪れるチャンスはそうそうあるものではありません。そのチャンスをものにできるかどうか、それが運を活かせるかどうか。そのためには準備しなければなりません。
(本文“ムンロ王子の運活Message”より)

『ムンロ王子のタロット運活術』について

【Contents】

第Ⅰ章 タロット占いの世界
第Ⅱ章 タロットカード 大アルカナ22枚の意味を知る
第Ⅲ章 実際に占う

【著者】

著者近影
著者近影

ムンロ王子(ムンロオウジ)
東京大学法学部卒。タロット占い師のほかIT経営、シャンソン歌手、朗読劇プロデューサーもこなすハイブリッド・パフォーマー。大学卒業後、大手コンピュータ会社に就職。その後IT会社を起業。タロット占いのプログラム作成のため始めた、カウンセリングが口コミで広まり評判に。
188センチの長身、金髪に派手なメイクというおネエキャラで女性に大人気となり、10年間で 2 万人近くを鑑定。中央競馬の「日本ダービー」では、SANSPO.COM で予想した2019年に続き、2020年はサンケイスポーツ紙面でも予想し 2 年連続的中。年末の有馬記念も 3 連単を当てるなど「競馬×ムンロ王子タロット」の勝率は年間 5 割を超えたことも。
『an・an』『女性セブン』など雑誌にも登場し、『女性セブン』MOOK本ではコロナを予想し話題に。その他フジテレビ系『ワイドナショー』、テレビ朝日系と AbemaTV の共同制作『ネオバズ !! みえる』ほか NHK、TBS など出演多数。ラジオ番組 SKYWAVE FM89.2MHz では『ムンロ王子のワンダー・タロット』のパーソナリティを務める。

【書誌情報】

ヘッドタイトル:風の時代を生き抜く
タイトル:ムンロ王子のタロット運活術
著:ムンロ王子
判型:A5判並製
定価:1,760円(税込)
発売日:2022年6月6日
ISBN:978-4-569-85228-7
発売元:株式会社PHP研究所
https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-85228-7