タンパク質発現の市場規模は、年平均成長率13.1%を記録し、2030年には71億米ドルに達すると予測される

2021年のタンパク質発現の世界市場規模は23億米ドルでした。2022年から2030年までの予測期間中、年平均成長率(CAGR)13.1%を記録することで、タンパク質発現の世界市場規模は2030年に71億米ドルに達すると予測されています。

タンパク質発現とは、体内の遺伝子発現を操作することで、大量のタンパク質を合成することです。

レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol613

影響を与えている要因

世界のタンパク質発現市場は、世界中で感染症や慢性疾患が増加していることに牽引されています。慢性疾患や感染症の治療には、治療用のタンパク質を大量に生産する必要があります。その結果、世界のタンパク質発現市場は、予測期間中に急速に成長すると予測されます。
DNA技術の技術的進歩・進展は、市場関係者にメリットをもたらすと考えられます。さらに、これらのタンパク質をワクチンや診断用試薬の形で応用することは、調査期間中に急速に普及するでしょう。
バイオ医薬品の需要が増加していることが、タンパク質発現技術の需要を牽引すると予想されます。さらに、タンパク質の収量の増加やタンパク質発現のコスト効率などの利点が、市場の成長を促進すると予想されます。
熟練した専門家の不足が、調査期間中の世界のタンパク質発現市場の成長を妨げる可能性があります。

地理的分析

世界のタンパク質発現市場では、北米が最大の市場シェアを占めています。この地域が優勢なのは、主に技術的に高度な製品に対する需要が高まっているためです。さらに、政府によるタンパク質研究への取り組みや投資は、世界のタンパク質発現市場の企業に利益をもたらすと予測されています。さらに、北米では慢性疾患が増加しているため、効率的なタンパク質発現技術の需要が高まると考えられます。

世界のタンパク質発現産業は、アジア太平洋地域の新興国で大きく成長すると予測されています。この市場の成長は、政府によるライフサイエンス分野への取り組みや投資の増加が主な要因となります。さらに、慢性疾患の増加と人口の増加も、世界のタンパク質発現市場の成長に寄与する要因となるでしょう。

COVID-19インパクト分析

世界のタンパク質発現市場は、パンデミックの初期段階で急激な混乱に見舞われました。製造業では、従業員の安全を確保するために、操業を停止せざるを得ませんでした。さらに、慢性疾患を抱える患者は、COVID-19の感染から身を守るために病院への通院を中止しました。その結果、世界のタンパク質発現市場は初期の段階で大幅に縮小しました。

市場における競合他社

ニューイングランドバイオラボ社
サーモフィッシャーサイエンティフィック社
ゼネラル・エレクトリック・カンパニー
QIAGEN N.V.
タカラバイオ株式会社
ロンザグループ株式会社
Merck KGaA
プロメガ・コーポレーション
ジェンスクリプト・バイオテック株式会社
Agilent Technologies Inc.
バイオラッドラボラトリーズ
その他の有力企業

市場区分

製品・サービス別インサイト

発現ベクター
コンピテントセル
試薬
機器
サービス

システム別インサイト

酵母システム
哺乳類細胞
昆虫細胞
セルフリーシステム
藻類ベースシステム
原核生物発現システム

アプリケーション別の考察

治療薬
研究
その他

エンドユーザー別の考察

製薬・バイオテクノロジー企業
学術研究機関
開発業務受託機関(CRO)
その他

地域別インサイト

北アメリカ
米国
カナダ
メキシコ
ヨーロッパ
西ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
イタリア
スペイン
その他の西欧諸国
東欧
ポーランド
ロシア
その他の東欧諸国
アジア太平洋
中国
インド
日本
オーストラリア・ニュージーランド
ASEAN
その他のアジア太平洋地域
中東・アフリカ(MEA)
アラブ首長国連邦
サウジアラビア
南アフリカ共和国
MEAのその他の地域
南米
ブラジル
アルゼンチン
南米のその他の地域

レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol613